売主と買主のニーズをかなえた売買商談成約!

売主および買主の仲介として携わった堺市の戸建て売買案件。
売主から「子供の通学のため家を住み替えたい」という相談をいただいたのが始まりでした。

ただ、20年以上もお住まいだったお宅だったので、手放すことを名残り惜しまれていました。そんな中、隣家の方が「将来子供と一緒に住むための家を探している」という情報を入手し、売主に相談しました。

売主は「隣家の方が引き続き使ってくれるのであれば安心です」と心置きなく売却することを決断。買主にも「これで将来、子供を近くに呼ぶことができます」と喜ばれました。

買主と売主のニーズをうまく繋ぎ合わせることができた案件です。
こういった形で、資産を必要とする人に繋いでいけるお手伝いができることを嬉しく思います。

関連記事

  • 独身寮の新しいかたちをつくりました2017年7月16日 独身寮の新しいかたちをつくりました 若手社員の活力が社運のカギを握る時代。ですから、各企業の「総務さん」は独身寮のあり方について日々智恵を絞っています。IT系の大手企業A社が出した答えは「ゆるやかに繋がる独身寮」。 もともとA社の寮は管理人、食堂付き、3DKに複数が入居するタイプでした。業態の変化から稼働率 […]
  • 「仕事」と「子育て」は「一体化」させるもの_ 「建設通信新聞」に「共同保育プロジェクト」が紹介2016年12月14日 「仕事」と「子育て」は「一体化」させるもの_ 「建設通信新聞」に「共同保育プロジェクト」が紹介 「建設通信新聞(12月14日付「カナリア通信」)」で、弊社が取り組んでいる「共同保育プロジェクト」が紹介されました。 仕事と子育ては「両立」ではなく「一体化」させるもの。共同体企業ならではの働き方とサポート体制を取材していただきました。 類設計室では、設計技術の高度化に加え […]
  • 類グループ内定式を行いました2017年10月24日 類グループ内定式を行いました 弊社は9月30日、大阪本社で2018年度入社予定者の内定式を行いました。 式には内定者24名が出席し、類グループへの理解を深めるとともに入社後の成長イメージを持つための「グループワーク」を実施。「自分たちで生きる場をつくる=共同体の自主管理とは?」「現実課題を突破してくた […]

2017.07.03

ニュース

活動報告