赤字でも作り続ける~宇陀米にこめた農家の思いを届ける

類農園は2017年から、奈良農場がある奈良県宇陀市で栽培されている「宇陀米」の販売に力を入れています。その理由は、それが地域の農業発展の重要な鍵となるからです。
類農園では、農家から宇陀米を直接買い取り、流通など販売経路を作ったり、オリジナルパッケージでブランディングを図ったりしながら、地域とともに問題解決に取り組んでいます。

宇陀米は生産量が少なく知名度は低いものの、「知る人ぞ知る」と評価の高い銘柄。興味のある方は、類農園ホームページ 「なぜ、赤字でも米を作り続けるのか」 をご覧ください。

関連記事

  • 海外から類農園視察!_台湾の視察団を受け入れました2017年10月27日 海外から類農園視察!_台湾の視察団を受け入れました 台湾の高雄市にある「中衛発展センター」の視察団23人が9月25、26日、類農園を訪れました。 このセンターは、日本の経済産業省にあたる中華民国経済部が設立した非営利財団法人。政府や地方公共団体に協力し、農工商業の産業顧問としてコンサルティングを行っています。 台湾では近 […]
  • 彩都店で3周年感謝祭を開催します!_11/23(木・祝)~26(日)2017年11月13日 彩都店で3周年感謝祭を開催します!_11/23(木・祝)~26(日) 類農園からのお知らせ 類農園直売所彩都店は、おかげさまで3周年を迎えました。 日ごろのご愛顧に感謝し、11月23日から26(日)の4日間、「3周年感謝祭」を開催します。 野菜や果物、鮮魚、肉など大特価品を多数用意し、生産者による店頭販売や「大抽選会」などのイベントも行 […]
  • 彩都店「3周年感謝祭」大盛況!_多数のご来店ありがとうございました2017年11月28日 彩都店「3周年感謝祭」大盛況!_多数のご来店ありがとうございました 3周年を迎えた類農園直売所彩都店で、11月23日から26日の4日間、「3周年感謝祭」を開催し、8000人を超える来客で賑わいました。 直前の台風などで野菜の育成で影響がありましたが、農家の方々に総力を挙げて出品していただき、また、当日も大抽選会や約30名の生産者による店頭 […]

2017.11.20

ニュース

活動報告