プロポーザル勝率全国1位!
〜激動する社会の中で、あまねく人々の期待に応え続ける〜

2015年度プロポーザルの勝率は59.8%で、設計事務所上位20社の中で堂々の「1位」!(日経アーキテクチュア2016年9-8号より)

仕事の根源とは「あまねく人々の期待に応えること」。
弊社では、その志の下、全社員が狭い職能意識に捉われることなく、事業部門の枠を超えて連携し合い、社会にとって必要なことは何かを常に追求しています。

イギリスのEU離脱や世界におけるロシア(プーチン氏)の台頭、アメリカのトランプ政権への交代など、世界はグローバル主義から民族主義へと変化しています。

このように激動する世界情勢を受け、近代日本、戦後日本の常識も大きく変化しつつあり、人々の意識潮流は大きく転換しています。

何が、どう転換するのか?また、それによって、現代社会を生きる私たちはどのように転換してゆけばよいのか?それは目先の変化を追っていても掴めず、とことんマクロに歴史を振り返って、次代を掴む必要があります。

こうした追求を全社員で展開しているからこそ、激動する社会変化を反映する柔軟な建築提案が可能となり、その結果として、同調査における「3年連続1位」の評価をいただいていると自負しております。

これからも、まだ言葉になっていないお客様や社会のニーズ・潮流を的確に掴み、次代を創る皆さまと共に答えを出していくことで、その期待に応えて参ります。(大阪意匠設計房 中川翔子

関連記事

  • 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め2018年1月6日 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め 類グループは1月5日、各部門で仕事始めを迎えました。 類地所では朝8時50分に全員が集合し、朝礼を開始。年始のあいさつの後は、早速業務予定を報告し合い、平常モードへと気分を切り替えていました。 大阪設計室では夕方から新年のあいさつが行われ、大阪設計室長の麻丘東出が「 […]
  • 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる2018年1月26日 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる 日経アーキテクチュア(2018年1月25日号)「全国の注目プロジェクト」に、弊社が設計・監理を行っている「追手門学院中学校・高等学校」が掲載されました。 追手門学院創立130周年記念事業の一環として大学を一部移転、中学校・高等学校を全面移転し整備する一大プロジェクト。設計 […]
  • 「2018躍進宣言」1_〜類グループ代表取締役社長・岡田淳三郎2018年1月9日 「2018躍進宣言」1_〜類グループ代表取締役社長・岡田淳三郎 新年にあたり、類グループ「社員ブログ」で各部門トップによる「2018躍進宣言」を連載しています。記事は、若手社員がトップに直接インタビューし、類グループのさらなる躍進と今後の展望を中心にまとめました。 初回は、類グループ全社を統括する代表取締役社長・岡田淳三郎です。 ぜ […]

2017.04.07

ニュース

活動報告