期待の新人たちを迎えて
~新しい仲間へ副社長祝辞~

弊社は本年度、全社6部門に22名の新入社員を迎え、3月6日に大阪本社で入社式を行いました。
式では早速配属が発表され、副社長の阿部紘が「社会の活力を再生することが私たちの仕事の真髄」と祝辞を述べました。

式の後半には現社員も参加し、集まった社員が新入社員一人ひとりの自己紹介を見守りました。また、設計だけでなく本社、塾、地所の各部門長から激励の言葉があり、大阪設計室に配属された新入社員は「先輩方が皆、楽しそうな目をしていて、歓迎されていると感じた。共同体の一員として各部門から言葉をいただいたことが嬉しく、これから頑張ろうと思った」と表情を引き締めていました。

新しい仲間を迎え、改めて本年度も、組織設計事務所として、みなさまの期待に応えられるよう尽力してまいります。

以下副社長祝辞

* * * * * *

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。共同体企業類設計室に活力に満ちた仲間が新たに加わることを嬉しく思います。全社各部門の仲間を代表して、一同に会した22名の若い力に大きく期待し、心から歓迎いたします。

類設計室はこの4月から90期/創立45年に入ります。ほぼ半世紀となる45年前、平均年齢26歳の若者集団が立ち上げました。創業と成長のエンジンは「自分たちの生きる場を自分たちで創っていく」志と活力でした。仲間と共に志を貫いて共同体企業の礎を確立してきたのです。創業時の所員の平均年齢は、皆さんとそんなに変わらない26歳です。だから、皆さんも志があればどんなことでも実現できるのです。
実は、私は激動の時代に翻弄されながら古希を超えて年男となりました。共同体企業類設計室のこれから半世紀は、皆さんが担います。若い皆さんの活力と志に託してバトンタッチしていきたいと真底から念じています。

せっかくの機会ですので、私たちが大切に思っていることを皆さんにお伝えしたいと思います。

・1つは、どんな仕事にも仲間をまとめる力が求められます。
仕事は明けても暮れても人間関係の中にあります。私たちはいつも皆の中にいて、皆を支えて皆に支えられているのです。うまくいかない時は仲間に心を開き、失敗して落ち込む仲間には心の羅針盤になってあげていただきたいのです。ものごとを実現していくにも、熾烈な企業間闘争に勝つにも、皆をまとめる力、つまりは共認形成力が仕事の幹となります。

・2つには、どんな仕事も活力を創り出す人が集団を結束させ指揮を執ります。
仲間の活力を創り出す、クライアントの活力を創り出す、そして社会の活力を創り出すのが仕事です。私は設計事業部門を直轄していますが、お客様や事業や地域の活力をいかに引き出せるかと日々追求をし続けているのです。教育事業も農園事業の各部門も同じです。
これまでの皆さんは、上から与えられた強制的な勉強課題に対して頭を使ってきました。学校というの強制圧力の下で頭を使うことしかほぼ知らなかったのです。そのような強制圧力が諸君の潜在思念を封鎖させて頭を錆付かせてきました。活力を創り出す仕事の源は私たちの潜在思念、つまり共認機能にあります。強制圧力から離脱して固定観念にとらわれずに「思考を思い切って開放して」追求してください。

・3つには、活力革命の大きな潮流が日本の社会、教育界や企業をも巻き込んでいく状況認識です。
企業社会は経営トップ層が先陣を切って業態革命と人材革命に取り組み、自らの言葉で社員に働きかけているのです。もともと縄文体質で共同体志向の日本企業は大企業までも巻き込んで、業態革命と人材革命へと取り組み出しています。序列体制の自前主義からオープンイノベーションの断行へと、この3つ目の状況の認識は営業戦略上もとても重要です。
今、日本企業のトップ層や教育界の先端は活力を取り戻しつつあります。その様な活力ある勢力に働きかけるのが私たちの仕事の真髄ですが、そのためには社会とその潮流を掴む力と言葉が求められます。

今日からは、「目からうろこ」の経験を積み重ねる日々となります。鮮烈な潜在思念で新しい社会潮流を掴んで思い切って思考を開放し、追求の視野を拡げてください。若い皆さんの追求力に期待しています。

* * * * * *

関連記事

  • 類グループ内定式を行いました2017年10月24日 類グループ内定式を行いました 弊社は9月30日、大阪本社で2018年度入社予定者の内定式を行いました。 式には内定者24名が出席し、類グループへの理解を深めるとともに入社後の成長イメージを持つための「グループワーク」を実施。「自分たちで生きる場をつくる=共同体の自主管理とは?」「現実課題を突破してくた […]
  • 会社説明会、11月スタート!2017年10月18日 会社説明会、11月スタート! 類設計室からのお知らせ 11月から、類グループの会社説明会を開始します。 「働く」ことは、「傍(はた)を楽にする」こと。 当社の説明会では、グループワークを通じて「社会の期待(使命)をつかみ、周りの期待(役割)に応えること」を体感します。 実際に当社で働く社員と […]
  • 類塾で「探求講座」開講2016年11月1日 類塾で「探求講座」開講 類塾は2016年11月、「探求講座」を開講しました。 社会に出て必要な能力とは、答えのない問題に挑み、方針をだす力、工夫する力、仲間をまとめていく力。探求講座では、5教科の枠組みを超えたや環境問題、教育問題など現実にある様々な課題を扱い、これらの能力を磨くことを目指しています。 […]

2017.04.25

ニュース

活動報告