京北小中一貫校の設計者に特定されました!

緑豊かな小高い丘陵地に建設が予定されている京都市「京北地域小中一貫教育校」校舎棟(延床面積約8500㎡)は、京北という地域性を深く捉えながら、地元住民の期待と学校をつなぎ、人々の出会いと交流の新たな場を生み出すことを目指します。

弊社はこれまでも、京都御池中学校をはじめ、京都堀川音楽高等学校、開睛小中学校、東山泉小中学校、京都工学院高等学校、向島中学校区小中一貫教育校など、京都市とパートナーシップを組んで数多くの教育施設を設計しました。

本プロジェクトにおいても、関係者の方々と共に地域の力を結集し、子供たちの活力と主体性を育む環境づくりに全力を注いでまいります。

(大阪意匠設計房 中川翔子

* * * * * *

プロジェクト詳細はこちら(建設通信新聞「類設計室を特定/京都市の京北小中一貫校設計」)をご覧ください。

弊社設計に関心のある方は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  • JPIセミナーで講演しました_~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~2017年8月26日 JPIセミナーで講演しました_~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~ 日本計画研究所(JPI)主催のセミナーで7月25日、弊社東京設計室長・岩井裕介が「次代に向けた活力イノベーションの実践事例」と題して講演を行いました。 「活力イノベーション」は、建築設計を通じて社会の活力再生を目指す弊社独自の取り組みで、時代潮流分析に基づき、事業計画から […]
  • 最先端集団の懐に飛び込む_~「建設通信新聞」にインタビュー掲載2017年9月22日 最先端集団の懐に飛び込む_~「建設通信新聞」にインタビュー掲載 建設通信新聞(2016年9月14日1面)「建築設計事務所/新たな地平を開く」のコーナーで、弊社副社長・阿部紘のインタビューが掲載されました。 * * * * * * 【類設計室副社長 阿部紘/最先端集団の懐に飛び込む/官民超えたエリア戦略展開】 「赤字国債と金融政策な […]
  • 「仕事と子育て」一体で取り組む_~建設通信新聞で紹介されました〜2017年8月18日 「仕事と子育て」一体で取り組む_~建設通信新聞で紹介されました〜 建設通信新聞(8月9日付「カナリア通信」)で「女性活躍!わが社のイチ押し施策!」のテーマのもと、弊社の共同保育プロジェクトが紹介されました。 女性活躍推進法の施行により、建設産業界でも各企業が積極的に女性の働きやすい環境整備に取り組んでいます。この特集では25社の「ピカイ […]

2017.05.22

ニュース

活動報告