京北小中一貫校の設計者に特定されました!

緑豊かな小高い丘陵地に建設が予定されている京都市「京北地域小中一貫教育校」校舎棟(延床面積約8500㎡)は、京北という地域性を深く捉えながら、地元住民の期待と学校をつなぎ、人々の出会いと交流の新たな場を生み出すことを目指します。

弊社はこれまでも、京都御池中学校をはじめ、京都堀川音楽高等学校、開睛小中学校、東山泉小中学校、京都工学院高等学校、向島中学校区小中一貫教育校など、京都市とパートナーシップを組んで数多くの教育施設を設計しました。

本プロジェクトにおいても、関係者の方々と共に地域の力を結集し、子供たちの活力と主体性を育む環境づくりに全力を注いでまいります。

(大阪意匠設計房 中川翔子

* * * * * *

プロジェクト詳細はこちら(建設通信新聞「類設計室を特定/京都市の京北小中一貫校設計」)をご覧ください。

弊社設計に関心のある方は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  • 法政二中高が川崎市に表彰されました_〜都市景観形成に貢献2018年2月26日 法政二中高が川崎市に表彰されました_〜都市景観形成に貢献 弊社が設計・監理を手がけた「法政大学第二中・高等学校新校舎」が川崎市の「都市景観形成協力者表彰」を受けました。 この表彰は、同市の都市景観の形成に協力した功績を称えることを目的に、1995年に制定された要綱に基づいて行われています。 […]
  • 1DAYインターン情報随時更新中!_現実社会で求められる能力とは?2018年3月19日 1DAYインターン情報随時更新中!_現実社会で求められる能力とは? 冬季インターンシップは終了しました。多数の参加をありがとうございました。 建築設計募集は個別対応しますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。 お問い合わせはこちら […]
  • 鋼構造ジャーナルに寄稿しました2018年3月9日 鋼構造ジャーナルに寄稿しました 鋼構造業界唯一の専門情報紙「鋼構造ジャーナル」(鋼構造出版)に、弊社東京事務所の構造設計キャップ・黒川慧が寄稿しました。 「設計事務所-ゼネコン-ファブの連携を通じて業界全体を高度化させていきたい」と、昨年4月から弊社を中心に定期的に開催している意見交換会「かぜのかい」の […]

2017.05.22

ニュース

活動報告