京北小中一貫校の設計者に特定されました!

緑豊かな小高い丘陵地に建設が予定されている京都市「京北地域小中一貫教育校」校舎棟(延床面積約8500㎡)は、京北という地域性を深く捉えながら、地元住民の期待と学校をつなぎ、人々の出会いと交流の新たな場を生み出すことを目指します。

弊社はこれまでも、京都御池中学校をはじめ、京都堀川音楽高等学校、開睛小中学校、東山泉小中学校、京都工学院高等学校、向島中学校区小中一貫教育校など、京都市とパートナーシップを組んで数多くの教育施設を設計しました。

本プロジェクトにおいても、関係者の方々と共に地域の力を結集し、子供たちの活力と主体性を育む環境づくりに全力を注いでまいります。

(大阪意匠設計房 中川翔子

* * * * * *

プロジェクト詳細はこちら(建設通信新聞「類設計室を特定/京都市の京北小中一貫校設計」)をご覧ください。

弊社設計に関心のある方は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  • 「注文をまちがえる料理店」_〜高齢者の役割と生きがいのある社会を目指して2017年11月2日 「注文をまちがえる料理店」_〜高齢者の役割と生きがいのある社会を目指して 9月16日から3日間、東京・六本木にオープンした「注文をまちがえる料理店」が全国の注目を集めました。 注目のポイントは、接客スタッフが全員、認知症だということ。高齢者の5人に1人が認知症になる時代を前に、健常者とそうでない人が互いに受け入れ合う社会に向けた試みとして企画さ […]
  • 「どう働くか」とは「どう生きていくのか」_〜建通新聞「働き方」座談会に出席しました2017年11月15日 「どう働くか」とは「どう生きていくのか」_〜建通新聞「働き方」座談会に出席しました 建設通信新聞(11月15日付)に、弊社が出席した座談会が掲載されました。 国を挙げて「働き方改革」が進められる中、魅力ある業界・職場に向けた「働き方」をテーマに、弊社と建設技術研究所、朝日航洋空間情報事業、高砂熱学工業の4社が、各社の具体的な取り組みや、課題・対策などにつ […]
  • 阪大「グローバルビレッジ」計画に参画します2017年11月6日 阪大「グローバルビレッジ」計画に参画します 大阪大学の国際学生寮整備PFI事業「グローバルビレッジ施設整備運営事業」の事業契約が公表されました。 老朽化の激しい教職員宿舎の建て替えプロジェクトで、弊社もパナホーム、合人社計画研究所、松村組とともに事業に参画しています。教職員宿舎だけでなく、外国人留学生と日本人学生が […]

2017.05.22

ニュース

活動報告