鉄骨ファブと協同!
意見交換会「かぜのかい」が始動しました

弊社東京事務所で4月7日、鉄骨ファブリケーター(鉄骨製作工場)関係者との意見交換会「かぜのかい」を開催しました。
「構造設計者と鉄骨製作者の垣根を取り払い、設計事務所-ゼネコン-ファブの連携を通じて業界全体を高度化させていきたい」と、弊社構造設計キャップ・黒川慧が発案。「業界の風通しを良くする」思いを込めて「かぜのかい」と名づけました。

この日は、東京鉄鋼工業共同組合青年経営者委員会、東京製鐵建材部、鋼構造出版および弊社から計17名が参加し、「設計者とファブの気軽な連絡体制づくり」といった関係づくりから「使用する鋼材規格の標準化」「建築コスト決定の変動要因分析」など具体的な技術課題、市場分析まで、実施していきたい活動内容について活発に意見を交わしました。

今後は3ヵ月に一度の開催を予定しており、次回は6月に工場見学を行います。関心のある方は、こちら までご連絡ください。(東京意匠設計房 宮谷和枝)

※この日の様子は、「鋼構造ジャーナル(4月17日号)」に掲載されています。
%e2%98%86%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab%e6%8e%b2%e8%bc%89

関連記事

  • 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め2018年1月6日 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め 類グループは1月5日、各部門で仕事始めを迎えました。 類地所では朝8時50分に全員が集合し、朝礼を開始。年始のあいさつの後は、早速業務予定を報告し合い、平常モードへと気分を切り替えていました。 大阪設計室では夕方から新年のあいさつが行われ、大阪設計室長の麻丘東出が「 […]
  • 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる2018年1月26日 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる 日経アーキテクチュア(2018年1月25日号)「全国の注目プロジェクト」に、弊社が設計・監理を行っている「追手門学院中学校・高等学校」が掲載されました。 追手門学院創立130周年記念事業の一環として大学を一部移転、中学校・高等学校を全面移転し整備する一大プロジェクト。設計 […]
  • 「2018躍進宣言」1_〜類グループ代表取締役社長・岡田淳三郎2018年1月9日 「2018躍進宣言」1_〜類グループ代表取締役社長・岡田淳三郎 新年にあたり、類グループ「社員ブログ」で各部門トップによる「2018躍進宣言」を連載しています。記事は、若手社員がトップに直接インタビューし、類グループのさらなる躍進と今後の展望を中心にまとめました。 初回は、類グループ全社を統括する代表取締役社長・岡田淳三郎です。 ぜ […]

2017.05.24

ニュース

活動報告