JPIセミナーで講演します
~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~

来る7月25日、日本計画研究所(JPI)主催のセミナーで、弊社東京設計室長・岩井裕介が講師を務めます。

閉塞する社会にいかに活力を生み出すか。学校経営・教学・施設課題を一体的な戦略として構築する「教育イノベーション・コンサルティング」から企業改革、地域づくりまで、建築設計を通じた弊社の「活力イノベーション」の取り組みについて、具体事例をもとに詳しく説明いたします。興味のある方はぜひご参加ください。

◆講演日時
2017年7月25日(火) 13:30-15:30

◆テーマ
類設計室が推進・展開する その先の「教育イノベーション・コンサルティング」~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~

◆講演内容
1.時代の潮流をどう読むか
2.教育イノベーション
(1)これからの時代に求められる能力とは?
(2)教育イノベーションコンサルティングの展開
3.企業活力イノベーション
(1)生き残り圧力に企業は適応できるか
(2)建築プロジェクトと組織変革
4.地域イノベーション
(1)縮小社会における本源価値とは何か?
(2)地域共同体づくり
5.自ら組織を変革
(1)共同体企業「類設計室」
(2)全員経営者としての新しい活動

◆会場
東京都 / JPIカンファレンススクエアⅡ
港区南麻布5丁目2番32号 / 興和広尾ビル 03-5793-9761

◆主催
日本計画研究所 ホームページはこちら

★申し込みはこちら リンク

★前回セミナーの報告はこちら リンク

 

(東京構造房 沖田栄里)

関連記事

  • 設計者として「設計」の枠を超える_~建物見学会+講演会を開催~2017年12月28日 設計者として「設計」の枠を超える_~建物見学会+講演会を開催~ 東京事務所で12月17日、学生を対象に「設計者の新しい役割とは?」をテーマとした「建物見学+講演会」を開催しました。 建物見学では、当時の設計監理者が地元・大田区にある「大田区産業プラザPiO」を案内。設計の意図の通りに地元の人々に広く利用されている現状を見学し、ディテー […]
  • 鋼構造ジャーナルに寄稿しました2018年3月9日 鋼構造ジャーナルに寄稿しました 鋼構造業界唯一の専門情報紙「鋼構造ジャーナル」(鋼構造出版)に、弊社東京事務所の構造設計キャップ・黒川慧が寄稿しました。 「設計事務所-ゼネコン-ファブの連携を通じて業界全体を高度化させていきたい」と、昨年4月から弊社を中心に定期的に開催している意見交換会「かぜのかい」の […]
  • 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め2018年1月6日 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め 類グループは1月5日、各部門で仕事始めを迎えました。 類地所では朝8時50分に全員が集合し、朝礼を開始。年始のあいさつの後は、早速業務予定を報告し合い、平常モードへと気分を切り替えていました。 大阪設計室では夕方から新年のあいさつが行われ、大阪設計室長の麻丘東出が「 […]

2017.06.17

ニュース

活動報告