私立大学のFMについて講演しました
~第142回「固定資産研究会」~

学校会計「固定資産研究会」主催の講演会が6月13日、中央大学で開かれ、弊社東京設計室長の岩井裕介が講師を務めました。

同研究会は1986年、私立大学施設担当者の親睦と学習研究を目的に発足し、関東有名私学を中心に65校が加盟しています。今回、「施設管理・運用の検討に役立てたい」と、「FM(ファシリティマネジメント)入門」のテーマで弊社に講演依頼が寄せられました。

講演の参加者は44校、総勢70名を超え、私立大学の経営・教学に踏みこんだ弊社の実践事例をもとに、現代の学校運営に求められる「ファシリティ・イノベーション」の視点などを提起。講演後も時間いっぱいまで質問が相次ぎ、現場の方々が日々直面している課題や壁など、弊社にとっても新たな気づきを得る機会となりました。

◆講演テーマ
私立大学の生死をわける「ファシリティ・イノベーション」

◆講演内容
0.今、現実に何が起きているか
1.FM(ファシリティマネジメント)とは何か
2.私大経営におけるFMとは何か
3.3つの壁に対する実践事例
4.ファシリティ・イノベーションに求められる視点

これからも、こうした機会や経験を通じて皆さまの期待の核心に迫り、応えていくべく邁進してまいります。弊社の取り組みに興味のある方は、こちら までお問い合わせください。

※7/25(火)13:30-15:30 「日本計画研究所(JPI)主催のセミナー」でも教育に関する講演を行います。こちらにもぜひご参加ください。【JPIセミナーで講演します】~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~

 

(東京構造房 沖田栄里)

関連記事

  • JPIセミナーで講演しました_~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~2017年8月26日 JPIセミナーで講演しました_~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~ 日本計画研究所(JPI)主催のセミナーで7月25日、弊社東京設計室長・岩井裕介が「次代に向けた活力イノベーションの実践事例」と題して講演を行いました。 「活力イノベーション」は、建築設計を通じて社会の活力再生を目指す弊社独自の取り組みで、時代潮流分析に基づき、事業計画から […]
  • 雑誌「近代建築」の座談会に参加しました2017年7月24日 雑誌「近代建築」の座談会に参加しました 近代建築2017年7月号「学校建築特集」の巻頭座談会に、弊社東京設計室長・岩井裕介が参加しています。座談会開催にあたって、弊社の教育施設実績や「教育イノベーション・コンサルティング」の取り組みが評価され、招請を受けました。 当日は、長澤悟氏(教育環境研究所理事長、東洋大学 […]
  • 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる2018年1月26日 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる 日経アーキテクチュア(2018年1月25日号)「全国の注目プロジェクト」に、弊社が設計・監理を行っている「追手門学院中学校・高等学校」が掲載されました。 追手門学院創立130周年記念事業の一環として大学を一部移転、中学校・高等学校を全面移転し整備する一大プロジェクト。設計 […]

2017.06.28

ニュース

活動報告