旧校舎への思いを引き継ぐ
〜都立南花畑学園特別支援学校(仮称)改築

弊社で設計監理を行っている都立南花畑学園特別支援学校(仮称)の1期工事が終了し、引き渡しが終了しました。



隣接する既存の知的障害校(南花畑特別支援学校)と肢体不自由校(城北特別支援学校)の老朽化に伴い、統合によって教育環境の向上を図るプロジェクト。2016年に着工し、2棟の一部を先行して建設した後、既存校舎の解体、後続建設という計画で整備が進められています。竣工は2020年の予定。



生徒たちから「広くなった」「綺麗になった」と喜びの声が上がる中、城北特別支援学校では慣れ親しんだ校舎からの引っ越しのけじめとして「引き渡し式」が行われ、北山博通校長が「新しい校舎で楽しい思い出をたくさん作っていこう」と話しました。


取り壊しが迫った旧校舎には、生徒たちの思いの込もった「落書き」がたくさんあり、旧校舎への感謝と思い出にあふれていました。



改修や改築は建物を綺麗にする、便利にするといった「形」だけのものではありません。利用者の思いを受け継ぎ、さらに積み重ねていける場をつくれるよう、これからも力を尽くしてまいります。

関連記事

  • 地所と設計のコラボで事業開拓_〜「生涯パートナー」として期待に応える2017年12月12日 地所と設計のコラボで事業開拓_〜「生涯パートナー」として期待に応える 類グループは5部門の多事業展開をしており、他部門との連携・協働が他社にはない強みです。 不動産業務を扱う地所事業部も、設計事業部との連携により「生涯パートナー」として長期的・多面的にクライアントの期待に応えています。 約1年前に募集を請け負った賃貸マンションのオーナーは […]
  • 「2018躍進宣言」1_〜類グループ代表取締役社長・岡田淳三郎2018年1月9日 「2018躍進宣言」1_〜類グループ代表取締役社長・岡田淳三郎 新年にあたり、類グループ「社員ブログ」で各部門トップによる「2018躍進宣言」を連載しています。記事は、若手社員がトップに直接インタビューし、類グループのさらなる躍進と今後の展望を中心にまとめました。 初回は、類グループ全社を統括する代表取締役社長・岡田淳三郎です。 ぜ […]
  • 「監理とは?」「働くとは?」を体感_〜インターン生の現場見学会を行いました〜2017年12月21日 「監理とは?」「働くとは?」を体感_〜インターン生の現場見学会を行いました〜 弊社が設計・監理をしている中央区月島第三小学校の工事現場で12月9日、夏期インターンシップに参加した学生を対象に、現場見学会を開催しました。 学生たちに、建築設計という仕事で現実に直面する状況・環境など、現場でしか掴めない様子や雰囲気を体感してほしいという思いで企画。当日 […]

2017.12.14

ニュース

活動報告