教育施設

本物の思考回路を形成する場づくり

教育イノベーション

‘70年の豊かさの実現により、社会はそれまでの価値観が大きく変わり、大転換期に突入しました。

教育業界も、学歴信仰の崩壊といった市場・人々の意識変化により、新たな可能性に向かって変革が始まっています。これからの社会に求められるのは、皆で「何で?」「どうする?」を追求し、正解のない問題に答えを出していく本物の思考力。

類設計室には、教育部門(類塾)で培った子供たちの「本物の思考回路」を形成する指導実績や、関西に67教室を展開する塾経営のノウハウがあります。

これらのノウハウと教育施設における豊富な設計実績をもとに、経営課題から施設課題、運営まで、建築の枠を超えて一貫してサポート。共に追求することで組織・学生の活力を生み出し、学びのイノベーションを実現します。

同志社大学今出川キャンパス等整備事業

同志社大学今出川キャンパス等整備事業

マスタープラン/グランドデザイン
新たな時代に対応した教育体制の基盤づくり

文系学部統合に伴うキャンパス再編プロジェクト。

大学の歩んできた歴史構造を紐解き、これからの経営課題・事業課題を大学と共に抽出。

新たな時代に対応した教育体制の基盤づくりを目指して学部学科再編から中学校移転や新施設設計といった空間整備まで、プロジェクト全体をサポート。

基本構想・基礎調査〜工事までのSK 事業体制
東京大学工学部3号館

東京大学工学部3号館

新しい価値創造/事業企画コンサル
復元的改築のプロトタイプを構築

「大学は街とともにあるべき」というビジョンのもと歴史的景観を形成してきた東大本郷キャンパス。本事業は、「東大らしさの継承(内田ゴシック様式の復元)と「最先端の研究ニーズに応じた規模拡大」の両立を目指したプロジェクト。景観復元という方針のもと、大学とともに継承と更新の適材適所の判断を追求し、復元技術を蓄積。今後の本郷キャンパスにおいて、長く踏襲されていく改築プロトタイプを構築した。

法政大学施設コンサル

法政大学施設コンサル

PM/CM/FM
組織を統合する中核人材と体制づくり

大学施設部の組織力強化と建物の発注・維持管理体制の構築を目的とした施設コンサル。基盤データの蓄積からデータの活用によるキャンパス整備の計画と実施をサポート。さらには職員研修や業務マニュアル作成、関係部局との連携体制の構築など、設計の枠を超えた提案。戦略パートナーとして、経営課題から施設課題まで多岐にわたる内容を大学関係者と共に追求した。


「プロジェクトパートナーとしての事業」へ