庁舎・まちづくり・都市計画

市民参画による場づくり・まちづくり

庁舎・まちづくり・都市計画

3.11東日本大震災の原発事故での隠蔽・誤魔化しなど、社会秩序の崩壊、閉塞は誰の目にも明らかとなっています。

国民の過半は、もはや社会に対する危機感と不整合感は募る一方であり、そんな中、“みんなの生きる場をみんなでつくる”という新しい社会統合期待が登場しています。

類設計室では、市民と市の協働を促す事業推進を行うなかで、市民が主役となる“生きる場”=まちづくりを支援し、地域の活性化を実現します。

加古川総合庁舎・東播磨生活創造センター

加古川総合庁舎・東播磨生活創造センター

新しい価値創造/まちづくり/環境共生
地域基盤を支える行政拠点づくり

県民の参画と協働による地域づくりを総合的に推進する拠点施設。庁舎にふさわしい長寿命化建築として、スケルトンの耐震性と耐久性、インフィルのフレキシビリティーを確保。また、伝統家屋の環境共生技術と自然エネルギーを最大限活かすことで、環境政策を先導する“環境型モデル庁舎”としてCASBEEのSクラスを実現。

環境共生
京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアム

新しい価値創造/歴史的建築物の保存/行動調査・分析
国内外の文化の創出・発信拠点づくり

昭和初期に建築された歴史的な建物を最大限生かしながら、現代文化のマンガを組み合わせた、世界に発信する新しい文化施設。マンガを読むときの行動を分析することで、床に座れる子供マンガ閲覧室、人工芝グラウンドの屋外閲覧空間、廊下の書棚・立ち読みコーナーなど、こころおきなくマンガを楽しめる変化に富んだ空間実現。

マンガまんがの壁 マンガ子供図書室
福井県若狭町農村総合公園~かみなか農楽舎~

福井県若狭町農村総合公園~かみなか農楽舎~

事業企画コンサル/運営支援/人材育成
地域再生・活性化のまちづくり・ひとづくり

都市の若者の就農・定住とその基盤を整備するプロジェクト。当初の「観光農園」構想に対して、『就農・定住事業』を提案。福井県若狭町、地元農家、弊社の共同出資による農業法人を設立。農業の可能性を再発掘、都市と地元のネットワーク形成、など、事業企画から施設整備、運営支援まで多岐に亘る業務実施。

農楽舎研修終了後の就農

「プロジェクトパートナーとしての事業」へ