実現塾9期がスタートしました

10月28日から実現塾9期が始まりました。

実現塾は3カ月単位で開催され、小学生から社会人まで最大300人が一同に会して、年齢や立場を超えて大手マスコミが報じない事実を追求しています。
現在は、昼の部と夜の部の二部制になっており、9期第一回目となったこの日は、類塾の探求科生合わせて180人も参加。市場論をテーマに、「契約」における西洋人と日本人の発想の違い、紙幣の起源と欺瞞、基軸通貨は今後どうなっていくかなどが議論され、小中学生からも活発な質問や意見が飛び交っていました。

関連記事

  • 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め2018年1月6日 「共同体の力」上昇の年に_〜各部門で仕事始め 類グループは1月5日、各部門で仕事始めを迎えました。 類地所では朝8時50分に全員が集合し、朝礼を開始。年始のあいさつの後は、早速業務予定を報告し合い、平常モードへと気分を切り替えていました。 大阪設計室では夕方から新年のあいさつが行われ、大阪設計室長の麻丘東出が「 […]
  • 会社説明会、11月スタート!2017年10月18日 会社説明会、11月スタート! 類設計室からのお知らせ 11月から、類グループの会社説明会を開始します。 「働く」ことは、「傍(はた)を楽にする」こと。 当社の説明会では、グループワークを通じて「社会の期待(使命)をつかみ、周りの期待(役割)に応えること」を体感します。 実際に当社で働く社員と […]
  • 実現塾10期が始まりました2018年2月19日 実現塾10期が始まりました 実現塾10期が2月10日、スタートしました。 実現塾は3カ月単位で開催され、小学生から社会人まで最大300人が一同に会して、年齢や立場を超えて大手マスコミが報じない事実を追求します。 10期第1回目となったこの日は、大阪の私立高校の入学試験と重ったにも関わらず、試験 […]

2017.10.31

ニュース

活動報告