大阪「文理10校」校長が座談会
〜10月28日号リビング新聞

10月28日号のリビング新聞に、大阪文理10校の校長の座談会記事が掲載されています。

大阪府では2011年度、国際社会で活躍する能力を育む「文理学科」を北野・豊中・茨木・大手前・四條畷・高津・天王寺・生野・三国丘・岸和田の10校に導入しました。その後、10校それぞれの取り組みが評価され、2018度からは10校の全てについて、文理学科のみ募集することが決定しています。

同紙では、来年度入試に向け、今後の文理学科の展望について特集。「『なぜ』という疑問を素直に発せられる環境が、子どもたちを伸ばす」(大手前・柴浩司校長)、「点を取るための勉強は役立ちません」(四條畷・千葉一夫校長)など、2020年の大学入試改革に向けた意識・取り組みが一覧になっています。これからの社会、入試で必要とされる能力について「高校教育の現場」がどう考えているのか知りたい方にお勧めです。
リビング新聞バックナンバーは こちら

関連記事

  • 雑誌「近代建築」の座談会に参加しました2017年7月24日 雑誌「近代建築」の座談会に参加しました 近代建築2017年7月号「学校建築特集」の巻頭座談会に、弊社東京設計室長・岩井裕介が参加しています。座談会開催にあたって、弊社の教育施設実績や「教育イノベーション・コンサルティング」の取り組みが評価され、招請を受けました。 当日は、長澤悟氏(教育環境研究所理事長、東洋大学 […]
  • 類塾生が若狭町広報誌を作成_〜「わかさ長期合宿」集大成2018年1月23日 類塾生が若狭町広報誌を作成_〜「わかさ長期合宿」集大成 2017年8月に行われた類塾「わかさ長期合宿」で参加者らが作成した若狭町広報誌「やさしいふるさと若狭町の生きる智慧」が完成しました。 この合宿は、類塾の希望者を対象に、豊かな自然に囲まれた福井県若狭町で開催される毎年恒例の行事です。数人のグループに分かれて農村・漁村に宿泊 […]
  • 実現塾9期がスタートしました2017年10月31日 実現塾9期がスタートしました 10月28日から実現塾9期が始まりました。 実現塾は3カ月単位で開催され、小学生から社会人まで最大300人が一同に会して、年齢や立場を超えて大手マスコミが報じない事実を追求しています。 現在は、昼の部と夜の部の二部制になっており、9期第一回目となったこの日は、類塾の探求 […]

2017.11.01

ニュース

活動報告