事業紹介

最先端の可能性を掴み、実現する

本社の仕事は、全社の統括と全社の新戦略の推進です。

統括部門として、社長室・秘書室と経営統括室が経営や全社会議運営を行い、戦略部門として、広報室、募集室、システム室が新事業あるいは各部門の新戦略の計画と遂行にあたっています。

社長室・秘書室

充足力と追求力が、絶えざる進化の原動力

本社中枢の社長室は、全部門を貫く戦略や経営方針を出し、全社を統括・牽引しています。新理論に導かれる確かな時代認識を武器に、新たな可能性を発掘し、実現方針を生み出します。社内ネットの投稿を軸に日々方針を修正し、全社員の力を引き出すことも重要な仕事です。秘書室は社長や社長室に一番近く、会議運営や資料作成のほか、社長と社員を繋ぐ大切な役割を担います。社内ネット投稿を中心に社員全員の意識を掴んでいるから、いつでも社員たちの期待に応えられます。社長室も秘書室も、類グループが可能性に向かう力の源です。

本社 秘書室

受付・営業秘書

相手に同化して、充足を生み出す

類グループの顔となる受付は、社内外問わず一番多くの人と接し、いち早く情報や変化をキャッチできる部署です。社員やお客様の表情や会話の内容、雰囲気にアンテナを立て、何か可能性を掴んだら、すぐに行動開始。「明るい笑顔や気持ちのいい心配り」で満たされた空気を生み出しています。「受付さんの顔を見るために来ています!」という社外のファンもたくさんいるほど、類グループ自慢の部署です。

本社 受付

経営統括室

全社員に経営データを公開し、勝ち筋を示す

全社員が経営に参加する共同体では、経営情報は最大の共認軸です。経営統括室は、その判断基準となる経営データの作成を担います。何をどのように集計すれば良いかを整理し、順調な部分も厳しい現実も全社に発信。また、データから読み取れる動きを分析し、改善策を提示していくことも求められます。「全社で共有できる確かな事実」の司令塔があるからこそ、共認原理で統合することができるのです。

本社 経営統括室

広報室

人々の期待を掴み、新しいコンセプトを打ち出す

自社の魅力を社会に発信するのが広報の仕事です。社員の感じている可能性や、そこから表現できる類グループの強みを、社内板を羅針盤に掴んでいくことが欠かせません。また、新しい認識を武器に、受け手となる人々の意識を読み、どのような影響を与えられるかを考えることも不可欠です。反応をフィードバックし、発信内容を常に塗り重ねていくことが、広報の醍醐味でもあります。

本社 広報室

システム室

社内ネットや公開データの高度化を提案

システム室は、経営データ管理システムだけでなく、「るいネット」や「社内ネット」の開発や改良に取り組んでいます。類グループのシステム課題は全社の経営方針と密接に連関しているため、本社内で直轄し、戦略転換に合わせて素早く新システムを構築。構築後も本社を始め各部門からの指摘や提案を受けながら部門内で常に最適化を検討し、より良いシステムの改善と更新を追求しています。

本社 システム室

募集室

一人ひとりの人材が共同体を作る

共同体企業にとって、採用活動は共に生きる仲間を探すこと。そのために、次代に活躍できる人材を惹きつける募集戦略や企画を検討します。類グループの採用活動は、時間をかけて何度も選考を重ねるため、「自分を本当に知ろうとしてくれた」「自分の可能性に気づけた」と感謝されることもしばしば。「面接のたびに、類グループが好きになる」、応募者のそんな声を引き出す本気の取り組みが、募集室の自慢です。

本社 募集室

共同保育室

仕事と子育てを一体化した働き方を追求

共同保育室では、出産した社員が自分たちで子供の世話もしながら仕事も担います。赤ちゃんと一緒に社内打ち合わせに参加したり、遊んでいる間に外で仕事を済ませて来たり、助け合って時間を生み出しています。類グループの社員は、空気を和ませてくれる赤ちゃんが大好きです。育児休暇を取ることもできますが、こんな空間を共有しないのは勿体ない。共同体ならではの柔軟な体制でサポートします。

本社 共同保育室