事実報道新聞<オルタナティブ教育シリーズ>

オルタナティブ教育 その可能性

週刊事実報道の発行元:類グループでも、近年、働くママ社員が増えてきました。社内で一緒に子育てをする『共同保育』を実践してきたママ社員たち。そんな彼女たちが、次に気になりだしたのが、「学校どうしよう?!」。学校の強制圧力や、近所の小中学生の元気のない表情をみても、何の準備も検討もなく、子供達を学校にいかせていいのか。

そんな時に掲載されたのが、『強まる「脱・学校」 広まるフリースクール(100号掲載)』と、それを機に始まった、『オルタナティブ教育その可能性シリーズ(103号~連載中)』でした。
それを読んだ、ママ社員3人が、早速、紹介されている学校へ、見学に行ってきてくれました♪

彼女たちが伺ったのは、京都府京田辺市にある、NPO法人京田辺シュタイナー学校 (HPリンク) の日曜見学会。

****************************
私たち3人とも、4歳児のママです。今は保育園に通っていますが2年後の小学校入学を見据え、京田辺シュタイナー学校に見学に行ってきました。
まず目を引いたのが、木造校舎。外観だけでなく、室内、机、ロッカー、照明、カーテン、黒板など全てが温かみのある自然素材。そして、素材・形状・仕様の1つ1つがシュタイナー教育として意味を持つものとなっているそうです。
シュタイナー教育が掲げている『自由“への”教育』。これは、よく「自由“な”教育」と誤解されるそうです。強制圧力で押さえつけることはしないけど、何でも自由にやらせるのとも違う。自ら動いていく社会という自由な空間に放たれた時、しっかりと活力をもって生きていけるように、発達段階を踏まえた独自の教育プログラムが組まれています。この点は、私たちも(いい意味で)イメージが覆されたところでした。
何よりも感動したのが、先生方、1人1人の意識の高さ。シュタイナー学校では、教育カリキュラムは決まってはいますが、教科書はありません。課題に対して、どうアプローチをするかは、先生自身がその年の子供達の様子に合わせて、組み立てています。先生が子供たちに深く同化し、追求しているかが、子供達の追求を大きく左右します。一般の学校でも、そういう先生はいらっしゃいますが、全員がそうではなく、その差は大きいのが現状でしょう。
オルタナティブスクールが、強制圧力ではなく、子供達の活力をどう引き出しているのか。今回の見学で、そのイメージがより鮮明になってきました。
****************************

週刊事実報道の記事が、皆さんが実現に向けて動き出すきっかけとなれれば、こんなに嬉しいことはありません。そして、その動き出すのも、1人よりも2人、2人よりも3人と、多くの人と事実を共有出来ていると、よりスピーディーに、みんなで一歩を踏み出すことが出来ますよね♪
100号キャンペーンも引き続き実施中☆ぜひ、周りの方々にもご紹介頂き、一緒に動き出す仲間を作っていきましょう♪

==============================================
週刊 事実報道HP(リンク
ぜひこちらもご覧ください!定期購読、バックナンバー購読も受付中!

2017.03.26

関連記事

  • 事実報道新聞の封入作業 2016.12.13 毎週火曜日は、定期購読者さんたちへ発送する日

    毎週火曜日は、定期購読者さんたちへ発送する日です\(^o^)/ 刷り上がった新聞を折り機で三つ折りにし、ベテランお届けさんたちがひとつひとつ素早く丁寧にラベルを貼って袋詰めしてくださり、西中島南方から全国へ発送しています…

  • 新聞勉強会(週刊事実報道) 2016.10.03 『新聞勉強会=地域ネットワークの可能性探索会』を開催

    事実報道81号(9/15)に同封のビラで告知していた、『新聞勉強会=地域ネットワークの可能性探索会』を開催しました。 ★★補足 『週間事実報道』は、みんなが妄信してしまっている一般常識、価値観、固定観念を排し、あくまで「…

  • 週刊事実報道111号(予防接種ワクチンに農薬成分) 2017.04.27 【週刊事実報道4/27第111号】_予防接種ワクチンに農薬成分

    5月4日は休刊日です。今週号は増刊号となっています。豊富な記事内容となっておりますので、ゴールデンウィーク中にゆっくりとお読みください。 予防接種ワクチンに農薬成分!? 2016年9月6日に米国の市民団体のサイトでインフ…

ニュース

活動報告