社員紹介

社員一覧へ

自分自身の言葉で発信していく

所属:類農園 彩都直売所 中村 明博 Akihiro Nakamura

卒業学部:経済商業課程 入社年度:2014年年度

shade

image1

Q1 経歴

2014年:中途採用で入社、奈良農園配属
2014年:彩都直売所配属

 

Q2 仕事のやりがい、気づき転機

自分の転機になったと思うのは「スピードの違い」を感じたことでした。仲間とともに仕事をする中で、周りの人たちのスピード感に圧倒され、前職で「社員は会社の歯車」という意識でしかなかった自分との違いをひしひしと感じました。目の前にある課題を自分のものとして主体的に取り組んでいるからこそ、その場で自ら最適解を考え、動いていけるー。社会に貢献できているか、本当に全力で仕事に向かえているのかといったことで悩んでいた自分に何が足りないのか、認識することができました。

そういった経験から、現在、直売所事業に携わる中で、消費者・生産者・従業員に有用な情報を伝達するために、対象に同化することを重視しています。「地域を守る」という類グループの理念を自分自身の言葉で発信できるようになるためにも、まずは相手に同化し、皆の心を掴んでいくことを意識しています。

image2

前職では、仕事をチームで進めるという意識が低く、基本的に個人プレーで成り立っていました。決められたことをするのが仕事という意識が大半で、社内でも競争があり、助け合うこともほとんどありませんでした。

それに対し、類には皆で認識を図るボトムアップの方式があり、全員が取締役として当事者の立場で全社の課題に関わる風土があります。慣れるまでは、自分がどう行動・判断してよいか混乱することもありましたが、この仕組みがあるからこそ、360度の視座で可能性を見いだし、どのような状況にも対応していけると実感します。今後も、いろいろな場面で多くの選択を迫られると思いますが、仲間と共に乗り越えていきたいと思っています。