社員紹介

社員一覧へ

自分たちの「生きる場」を
つくる仲間を増やしていく

所属:社会事業部 今村 恵 Megumi Imamura

卒業学部:経済学部 入社年度:2006年度

shade

Q1 経歴

2006年 本社 経営統括室(類塾営業管理)
2015年 本社 経営統括室(類塾経理)
2016年 社会事業部(新聞事業・宅配事業)

 

imamura2

Q2 仕事のやりがい、気付きや転機

社会事業部は、新聞事業と宅配事業を柱とし、かつての日本の村落共同体のような、子供からお年寄りまで誰もが社会の課題を共有しながら役割を担える「現代版 地域共同体」の構築を目指しています。

そのための取り組みの一つとして、宅配スタッフ「お届けさん」や週刊事実報道の定期購読者さんと、新聞を使った勉強会やまわしよみ新聞を定例開催しています。ジャンルを問わず、さまざまな切り口から「どんな社会にしたいか」「そのために何が壁で、どう突破したらいいのか」と考えていくうちに、事実を知らないことへの不整合感や、みんなで追求することへの可能性がふくらみ、具体的な実践への原動力となっています。

毎回参加してくださる読者さんたちは、「勉強会に来るたびに、もっと事実報道新聞を広める方法はないかと歯がゆい。事実を知り、その先を考えて動いていくのが社会を立て直すために必要なことだから、もっとたくさんの人に読んでもらいたい!」と、新聞の拡販アイデアを考えてくださったり、知人に紹介してくださったりと、回を重ねるごとに主体意識や一体感を高め合っています。

仕事でのやりとりに加え、こういった勉強会を通じて「ポスティングスタッフと社員」から、社会について「共に考える仲間」へと関係を深めていけることが何よりの活力源です。そして、その仲間が増えれば増えるほど、実現可能性へ近づいてゆくことが実感でき、毎日わくわくしています。

これからも、お届けさんたちをはじめ地域の方々と志や課題を共有・実践し、みんなでいきいきと「自分たちの生きる場をつくっていける社会」を目指します。