社員紹介

社員一覧へ

女性として、
みんなの役に立ちたい

所属:類地所 不動産コンサルティング部 菅原 生久恵 Ikue Sugawara

卒業学部:工学研究科 入社年度:2007年度

shade

image1

Q1 類での経歴

2007年:入社、地所不動産コンサルティング部に配属

 

Q2 仕事の魅力とやりがいを教えてください。

入社して以来、地所事業部で、入居者様に喜んでもらえる、ずっと住みたいと思ってもらえるマンション作りを目指して、オーナー様と力を合わせてきました。その土台を生かして、マンション運営をはじめとした資産課題、オーナー様の力を注いでおられる地域活性化に関わっていけるのがこのお仕事の醍醐味です!

入社して10年。後輩も増え、発信や反応・課題への方針出しなど、頼りにされることも増えてきました。
そんな中であるとき、設計室の女性の先輩から、女性として組織の役に立っていくために足りない部分をアドバイスしていただきました。
「自分たちが頑張っていることを『頑張っている』という評価に留めるのは、みんなに対してとっても失礼」「そこへの感謝は大前提として、『それが成果につながっているか?』『みんなの役に立っているか?』といった視点が、今、女性たちに求められている」「そして、女性たち自らがそこに頭を使い追求していくことで、不十分さも含めて、現実がありのまま捉えられ、どうする?に向かえる」

女性社員がイケテナイ評価から目をそらし、丸く収めようとしていては、成果は出ない。むしろ、どんどん勝てない組織になっていく。お客様、そして仲間の役に立てるようになるためにも、自ら追求し、相手に伝えるべき「中身」を掴む必要がある-。

入社当時、先輩方に学ばせていただいたように、後輩たちと共に、自らが頭を使い、勝てる組織を作っていける女性になっていきたいと思います。