社員紹介

社員一覧へ

本気で社会の力になろうと思えば、
どんなことでもできる

所属:類塾 教室長 齋藤 仁巳 Hitomi Saito

卒業学部:国際政治経済学部 入社年度:2006年度

shade

saito2

Q1 類での経歴

2006年:入社、塾講師として配属
2009年:教室長

 

Q2 仕事の魅力とやりがい

はじめは、塾講師としての指導力を身につけ、経験を重ねていくことだけでも楽しい毎日でした。先輩方も指導や助言をしてくれるだけでなく、一緒に授業運営を考えてくれ、3年目ごろまでは、吸収していくことに夢中になっていました。

子供たちとのつながりも強まって、進路といった重大なことにも深く関わるようになり、その中で時には子供たちと喜び、時には一緒に悩み、時には厳しいことも言いながらも、期待に応えていくことで感謝されたときはとても大きなやりがいを感じました。それだけでも十分、この仕事は魅力が詰まっているのですが、類塾の講師としての本当の仕事の醍醐味はここからでした。

4年目から教室長になり、ある中学校に進路指導の講演を依頼されました。その中学は、残念ながら環境が荒れてしまい、まともに勉強や部活に取り組める状態ではありませんでした。進路指導もままならず、生徒の約半分が公立高校不合格になってしまうという状況でした。

そこで、PTAの方々が「学校を変えよう」と立ち上がり、私たち類塾に協力を依頼されたのです。そして、父兄や学校関係者を集めた講演は大成功を納めました。

「類塾は勉強だけの塾ではない。私たち大人が変われば子供が変わる。子供が変われば、学校は変わる。保護者一同、救われました」

そんな内容の手紙を受け取ったときは、今までにない充実感を味わいました。その後、環境が年々良くなっていく学校の姿を見て、「私たちが本気で社会の力になろうと思えば、どんなことでもできる」という大きな手応えを得ることができました。