事業紹介

農業の枠を超えて日本の未来をつくる

1999年、経済危機をきっかけに「農の再生」をめざして、農園事業部を立ち上げました。2014年には、都市と農村を繋ぐ直売所を開設し、現在は約600名の生産者の商品を販売しています。
2018年からは、思いを共有できる協働者様との異業種連携を強化し、社会課題の解決に取り組んでいます。

農園事業

有機(オーガニック)栽培

奈良農場5.6ha ハウス5.2ha(50棟)露地0.4ha

1999年 奈良県宇陀市に開設

標高400m大和高原の冷涼な気候と豊かな土壌を活かして、宇陀金ごぼう・大和まな・大和きくな・今市かぶなどの大和野菜や有機野菜を栽培しています。雑草を生えさせない土壌づくりや、米ぬかや地元の醤油屋から譲り受ける醤油かすを使った植物由来の自家製のぼかし肥料を使い、持続可能な「循環型有機農業」を実践しています。

三重農場(26.5ha 米21ha・茶0.5ha・大豆5ha)

1999年 三重県度会町に開設

日本一の清流・宮川の水を活かして、有機栽培米、特別栽培米、有機茶を栽培しています。 自社で設計した宿舎は、研修施設として全国から農業研修生を受け入れ、次代の担い手育成に取り組んでいます。

直売所事業

生産者と消費者をつなぐ

農村を活性化していくためには、新たな販路が必要です。しかし、農村の直売所は飽和状態で、新たに作っても潰し合いにしかなりません。そこで、類農園では、独自の流通網を構築し、産直需要が高い都市・大阪で類農園直売所を立ち上げました。現在、奈良・三重・和歌山の生産者600名の農作物を販売しています。農家主催の食育イベントやスタッフ主催のワークショップ、地域の方との交流イベントなど、消費者と生産者が繋がって新たな仲間になっていく活動にも力を入れています。

異業種連携の取り組み