2017.5.25

有機(オーガニック)JAS認定を取得

類農園はこの5月、「有機(オーガニック)JAS認定」を取得しました。

有機JAS認定は、農林水産大臣が定める品質基準や表示基準に合格した農林物資につけられる認定マークで、現在、有機JAS認定されている農産物は全体の0.2%と言われています。

日本の農産業は、化学肥料の大量使用により大量生産が可能になった半面、野菜の栄養分は3割も減っていると言われています。また、そうした化学肥料は、田畑の土地を痩せさせるだけでなく、河川に流れ込んで自然環境を脅かす汚染源となっています。

このような状況を受け、類農園は設立以来、「農薬や化学肥料に頼らない栽培」を実践。そして、その栽培の安全性をより明確にしていくため、有機JAS認定を取得しました。

詳しくは類農園直売所ホームページをご覧ください。

関連記事

  • 長野五輪から20年_〜長野市で記念式典が開催されました2018.2.13 長野五輪から20年_〜長野市で記念式典が開催されました 長野冬季オリンピック・パラリンピックから20年を記念する記念式典が2月4日、長野市で開かれました。 長野冬季五輪は1998年2月7~22日に長野市を中心に開かれ、弊社は開・閉会式が開催されたメインスタジアム「長野オリンピックスタジアム」の設計を行いました。 長野市は […]
  • 法政二中高が川崎市に表彰されました_〜都市景観形成に貢献2018.2.26 法政二中高が川崎市に表彰されました_〜都市景観形成に貢献 弊社が設計・監理を手がけた「法政大学第二中・高等学校新校舎」が川崎市の「都市景観形成協力者表彰」を受けました。 この表彰は、同市の都市景観の形成に協力した功績を称えることを目的に、1995年に制定された要綱に基づいて行われています。 […]
  • 豊中市のプロポーザルで選定されました2018.2.8 豊中市のプロポーザルで選定されました 豊中市の「南部地域における複合公共施設及び学校施設設計業務委託」の公募型プロポーザルの結果、弊社が選定されました。 南部地域の行政サービスや図書館など地域の拠点施設と、小中一貫校を併設する大型プロジェクト(建延面積約26200㎡)。小学校3校と中学校2校を9年制の義務教育 […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ