2017.11.20

赤字でも作り続ける~宇陀米にこめた農家の思いを届ける

類農園は2017年から、奈良農場がある奈良県宇陀市で栽培されている「宇陀米」の販売に力を入れています。その理由は、それが地域の農業発展の重要な鍵となるからです。
類農園では、農家から宇陀米を直接買い取り、流通など販売経路を作ったり、オリジナルパッケージでブランディングを図ったりしながら、地域とともに問題解決に取り組んでいます。

宇陀米は生産量が少なく知名度は低いものの、「知る人ぞ知る」と評価の高い銘柄。興味のある方は、類農園ホームページ 「なぜ、赤字でも米を作り続けるのか」 をご覧ください。

関連記事

  • 「ここち舎」による「みそ玉作り」ワークショップを開催2018.11.10 「ここち舎」による「みそ玉作り」ワークショップを開催 先日、「ここち舎」による、「みそ玉作り」ワークショップが開催されました。 「ここち舎」とは、類農園直売所彩都店のスタッフが運営する、『からだとこころとくらしにやさしい』をテーマにしたお店。地域の方々にも楽しんでいただけるよう、類農園直売所彩都店にて、不定期でさまざまなイベ […]
  • 「地域のために」を応援~「にじいろマルシェ」が類彩都ビルで開催2018.10.8 「地域のために」を応援~「にじいろマルシェ」が類彩都ビルで開催 類農園直売所彩都店と類塾彩都教室において、子育てサークル「にじいろひろば」主催の第2回「にじいろマルシェ」が行われました。 マルシェでは、ママさんたちの手作り作品がたくさん並び、ハンドマッサージ・ヘッド&ショルダーの施術、消しゴムハンコを作るワークショップのお店などもあり […]
  • 地域とともにありたい~防災訓練~2018.9.20 地域とともにありたい~防災訓練~ 先日、類農園三重農場のある集落で、防災訓練を行いました。集落では、みんなで集まり、協力して災害に備えています。 最近、地震・台風など予想を遥かに上回る自然災害がたてて続けに起こっており、いつ何が起こるかわからない状況です。農業においても、さまざまな方々の協力を得ながら日々 […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ