2018.2.9

「養液栽培」が全国農業新聞に掲載されました

三重農場の「養液栽培」が全国農業新聞の取材を受け、掲載されました。

農閑期の施設を有効活用するため、昨年9月から始めた新しい取り組み。水稲用ハウスに育苗箱を並べ、タンクやポンプ、パイプを繋げて液肥を与える栽培装置を自分たちで作成しました。

昨秋から試験的にレタスやセロリを栽培し、約2カ月で収穫しました。費用も管理も負担が少なく、利益も見込めることから、今後は面積を拡大して本格的に展開していく予定です。

類農園に興味のある方は、 こちら

関連記事

  • 「ここち舎」による「みそ玉作り」ワークショップを開催2018.11.10 「ここち舎」による「みそ玉作り」ワークショップを開催 先日、「ここち舎」による、「みそ玉作り」ワークショップが開催されました。 「ここち舎」とは、類農園直売所彩都店のスタッフが運営する、『からだとこころとくらしにやさしい』をテーマにしたお店。地域の方々にも楽しんでいただけるよう、類農園直売所彩都店にて、不定期でさまざまなイベ […]
  • 類農園で学生さんが援農合宿2018.7.13 類農園で学生さんが援農合宿 学生団体「あじのね」の皆さんが、農家さんの働きぶりや志など、食の原点に触れてみたいといった思いから、類農園三重農場に一泊二日の援農合宿に来られました。 学生団体「あじのね」は、「これからの”おいしい”を創る」を目指し活動する神戸大学を中心とした学生団体。おいしい!をもっと […]
  • 赤字でも作り続ける~宇陀米にこめた農家の思いを届ける2017.11.20 赤字でも作り続ける~宇陀米にこめた農家の思いを届ける 類農園は2017年から、奈良農場がある奈良県宇陀市で栽培されている「宇陀米」の販売に力を入れています。その理由は、それが地域の農業発展の重要な鍵となるからです。 類農園では、農家から宇陀米を直接買い取り、流通など販売経路を作ったり、オリジナルパッケージでブランディングを図った […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ