2020.10.12

奈良農園 援農が広げる共同体の可能性

コロナ騒動から増産体制へと舵を切った類農園奈良農場で、類グループ社員やその家族で援農を実施しました。
援農の様子は社員ブログの、
奈良農園へみんなで援農!①ただの”支援”で終わらないのが類グループの面白さ♪
奈良農園へみんなで援農!② 子どももママも解放され、いきいきする!」でご覧ください。

類農園奈良農場は、主に野菜の栽培・収穫、現在は宇陀米のブランド化を目指し、地域と一体になっての取り組みに挑んでいます。
猛暑もあり作付けにも苦戦している状況でしたが、全部門が連携し「自分たちの生きる場を自分たちで創っていく」ことができるのは、類グループならではです。

奈良農園での援農第一弾は終了しましたが、継続的に企画予定です。これから生まれる、共同体ならではの新しい可能性にご期待ください。

関連記事

  • 類グループ社員ブログを開設しました!2017.10.30 類グループ社員ブログを開設しました! 類設計室からのお知らせ 45周年にあたり、類グループの「社員ブログ」を開設しました。 共同体・類設計室は、「自分たちの生きる場を自分たちの手でつくっていく」という6人の若者の志から始まりました。 その理念は現在も続いており、社員一人ひとりが経営者として会社の運営に […]
  • 「注文をまちがえる料理店」_〜高齢者の役割と生きがいのある社会を目指して2017.11.2 「注文をまちがえる料理店」_〜高齢者の役割と生きがいのある社会を目指して 9月16日から3日間、東京・六本木にオープンした「注文をまちがえる料理店」が全国の注目を集めました。 注目のポイントは、接客スタッフが全員、認知症だということ。高齢者の5人に1人が認知症になる時代を前に、健常者とそうでない人が互いに受け入れ合う社会に向けた試みとして企画さ […]
  • 週刊事実報道「縮刷版」を発刊2018.6.15 週刊事実報道「縮刷版」を発刊 購読者さまからご期待を受け、週刊事実報道の縮刷版を発刊します。第一弾として、1号~40号の1年分をまとめたものを発行しました。週刊事実報道は2014年12月に創刊し、皆さまに支えられ3年半を迎え、現在166号にいたります。 一般的に「新聞」は時事内容ですが、週刊事実報道は […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ