Story1
農への期待は無限類グループ全体で答える

より実学を学びたい学生(体験収束)の期待の高まりを受け、大学側も実学重視のカリキュラムへ舵を切っています。摂南大学も、そのような志を持った教育機関です。その摂南大学から、類設計室に声がかかりました。農産物の生産だけでなく流通・販売まで一貫して行っている類農園と共働ならば、リアルな農産業の全体構造を学べるだろうというのです。本物の教育を提供しようとする摂南大学。建築設計業務にとどまらず、戦略パートナーとしての期待をかけられた類設計室。新しい農のカタチをより広げてゆきたい類農園。三者協働で、現在、農学部設立にむけて奮闘中です。
※摂南大学は2020年4月に農学部を開設予定(設置構想中)です。

類塾生による野菜の販売企画

社会に対しての不整合感を高める一方、早く社会に出て現実の世界を知りたいと思っている子供たち。その様な子供たちに、野菜の販売体験の場を提供。ただ販売をするだけでなく、自分たちで収支計画、宣伝方法、販売方針までを立ててもらい、その成果も問うていきます。その他、小中高生の職場体験も多数受け入れています。

夏祭りイベント出店

最近開発が進んでいる箕面市彩都エリア。人はどんどん増えてきていますが、新興地なので、昔ながらのお祭りも少なく、地域住民の繋がりもまだ浅いのが現状。そんな地域を盛り上げたいと、地元のPTA主催で、今年はじめて夏祭りを開催することに。当初、彩都直売所に出店依頼がありましたが、それならと手を挙げたのが、お届けさんを中心とした地域ネットワークを形成している広宣社。類グループの活動認知を図り、地域住民との関係を深める楽しい場となりました。

社員ブログ