Story1
農への期待は無限類グループ全体で答える

より実学を学びたい学生(体験収束)の期待の高まりを受け、大学側も実学重視のカリキュラムへ舵を切っています。摂南大学も、そのような志を持った教育機関です。その摂南大学から、類設計室に声がかかりました。農産物の生産だけでなく流通・販売まで一貫して行っている類農園と協働ならば、リアルな農産業の全体構造を学べるだろうというのです。本物の教育を提供しようとする摂南大学。建築設計業務にとどまらず、戦略パートナーとしての期待をかけられた類設計室。新しい農のカタチをより広げてゆきたい類農園。三者協働で奮闘し、2020年4月に農学部を開設します。

宇陀市 X 類農園 X 類設計室

『宇陀米ブランド化協議会』
『宇陀市活性化プロジェクト』を結成

奈良農園がある宇陀市で、2つのプロジェクトが始動。

ホタルが飛び交う、自然豊かな宇陀市。土・水・気候の条件が揃ったこの地域も、後継者不足によって水田が荒廃し始めています。「米づくりを継承し、この地域を守りたい。」そんな想いを持つ生産者たちと【宇陀米ブランド化協議会】を結成しました。
全国の銘柄米を調べ上げ、どこにも負けない高い品質基準を設定。そして、その基準を満たすための栽培技術追求を生産者たちと行っています。さらに、奈良県や宇陀市の行政も加わり、総力体制でブランド化を進めています。
また、企業、学生、行政、地域の住民が一体となって追求する「地域再生プロジェクト」も発足。
目先の地域活性化を目指すのではなく、社会構造を捉えた上で新たな可能性を発掘していくため、人々の意識潮流の変化や、農村における農協支配・アメリカ支配の構造までをみんなで追求!宇陀市でのフィールドワークや現地の方へのヒアリングなどの課題は学生主体で進められており、その学生たちの活力が地域を盛り上げていっています。

類塾生による野菜の販売企画

社会に対しての不整合感を高める一方、早く社会に出て現実の世界を知りたいと思っている子供たち。その様な子供たちに、野菜の販売体験の場を提供。ただ販売をするだけでなく、自分たちで収支計画、宣伝方法、販売方針までを立ててもらい、その成果も問うていきます。その他、小中高生の職場体験も多数受け入れています。

夏祭りイベント出店

最近開発が進んでいる箕面市彩都エリア。人はどんどん増えてきていますが、新興地なので、昔ながらのお祭りも少なく、地域住民の繋がりもまだ浅いのが現状。そんな地域を盛り上げたいと、地元のPTA主催で、今年はじめて夏祭りを開催することに。当初、彩都直売所に出店依頼がありましたが、それならと手を挙げたのが、お届けさんを中心とした地域ネットワークを形成している広宣社。類グループの活動認知を図り、地域住民との関係を深める楽しい場となりました。

社員ブログ