事業紹介

類農園が目指すこと

共同体再生の志に人が集まる

生産と生殖を一体とした農共同体が時代の突破口

高度成長と消費社会の中で、単価の低さから収益が上がらない農業は、衰退の一途を辿ってきた。都市を中心に、食への不安と関心が高まる一方、農村では担い手が育たない。つまりは都市も農村も、消費者も生産者も不全を抱え、活力を失い続けていた。

「農の再生」を目指して1999年に開設された類農園も、一時はこうした赤字構造と活力衰弱に陥った。全社一丸となって可能性を探索した結果、辿り着いたのは都市と農村を繋ぐ「直売事業」。
また、栽培部門では農薬に依存しない農法を追求し、有機JAS認定を取得した。

こうして農を追求してきた類農園は今、さまざまな企業から協働の依頼が絶えない。現代社会の行き詰まり、活力不全の突破口として「農共同体」に注目が集まっているのだ。大転換の渦中だからこそ、協働者のみなさまとともに、生きる基盤となる「農」の可能性を拡げていく。

沿革

1999年 類グループの企業として奈良県、三重県に農場を農業生産法人として設立
2000年 類塾自然体験学習教室開設・インターンシップ制度開始
2002年 福井県上中町において、若者の就農定住に焦点を当てた「上中町農村活性化構想」
「農業生産法人農楽舎」の運営に参加
2003年 両農場を合併
2009年 農林水産大臣より「耕作放棄地発生防止・解消活動表彰」を受賞
耕作放棄地解消への貢献が認められ、「全国農業会議所会長賞」を受賞
2010年 奈良県の農業農村の振興と発展への貢献が認められ、「奈良県農業賞」を受賞
「土地改良事業地区 営農推進優良事例表彰」において、「農村振興局長賞」を受賞
2011年 三重県「環境価値創出型農業実践モデル事業企画提案コンペ」で類農園が1位に当選
三重県「みえの地産地消大賞」で類農園が奨励賞を受賞
「第40回奈良県農林水産物品評会」で類農園の丹波黒大豆が特賞
宇陀大納言小豆が2年連続1等賞を受賞
2012年 「第17回全国環境保全型農業推進コンクール」で類農園三重農場が優秀賞を受賞
三重農場のお米が「みえの安心食材認定」を取得
移動販売車にて、奈良から大阪へ野菜を販売しにいく直販事業を開始
2014年 類農園直売所「西中島南方店」をオープン (1月)
類農園直売所「彩都店」をオープン (10月)
2017年 奈良農場 「有機JAS認定」取得
2018年 三重農場 「有機JAS認定」取得
類農園直売所「北千里店」をオープン (10月)
2020年 類農園直売所「海老江店」をオープン(3月)

農園事業

三重農園

1999年 三重県度会町に開設

日本一の清流・宮川の水を活かして、有機栽培米、特別栽培米、有機茶を栽培しています。
自家製の「籾殻燻炭」を使った用土で、根張りのいい元気な苗作りに取り組み、「稲本来の力」を発揮させる農法を実践しています。
2018年には「有機(オーガニック)JAS 認定」を取得。

お問い合わせ先・住所はこちら

奈良農園

1999年 奈良県宇陀市に開設

標高400m大和高原の冷涼な気候と豊かな土壌を活かして、有機野菜を栽培しています。
米ぬか、籾殻、廃菌床、野草などの地域資源を堆肥として利用した「循環型農業」を実践し、土作りを行い、微生物を活性化させることで、作物本来の「生きる力」を引き出しています。
2017年には「有機(オーガニック)JAS 認定」を取得。

お問い合わせ先・住所はこちら

受賞歴

農林水産省 「第 17 回 全国環境保全型農業推進コンクール」三重農場【優秀賞】
農林水産省 「平成 21年度 土地改良事業地区 営農推進優良事例表彰」【農村振興局長賞】
全国農業会議所・全国農業新聞 「第 1 回耕作放棄地発生防止・解消活動表彰」【全国農業会議所会長賞】
奈良県 「平成 21年度 奈良県農業賞」【奈良県農業賞】
三重県 「第 4 回 みえの地産地消大賞」【奨励賞】
三重県 「平成 23 年度 環境価値創出型農業実践モデル事業企画提案コンペ」【1位】
奈良県 「第 40 回奈良県農林産物品評会」 丹波黒大豆:【特賞】/ 宇陀大納言小豆:2年連続 【1等賞】」

直売所事業

類農園直売所 彩都店

2014年10月開設。月間客数は約2万人。

お問い合わせ先・住所はこちら

類農園直売所 西中島南方店

2014年1月開設。月間客数は約1万人。

お問い合わせ先・住所はこちら

類農園直売所 北千里店

2018年10月開設。月間客数は約1.5万人。

お問い合わせ先・住所はこちら

類農園直売所 海老江店

2020年3月28日、そよら海老江1階にグランドオープン。

お問い合わせ先・住所はこちら


類農園直売所公式サイトへ 類農園直売所Facebookへ

生産者と消費者を繋ぐ役割

農園広報

直売所の最大の魅力と言われる「安さ」。でもそれでは、スーパーとの価格競争に巻き込まれるだけ。そこで類農園がとったのは、「農業を応援したい!農家さんの想いをもっと知りたい!農家さんと繋がっていきたい」というお客さまの潜在意識を捉え、そこを刺激していく広報戦略。生産者の志や想いをチラシ・SNSで発信。広報で、生産者と消費者を仲間にしてゆきます。

仕入れ(営業)

お客さまに喜んでもらえる商品を安定して提供するために、類農園のある奈良県・三重県を中心に、関西各地を飛び回り、こだわりの野菜や魚や肉の仕入れ契約を取り付けます。意識しているのは、刻々と変わる状況(天候や社会状況、他社の動向など)やお客さまの声(評価や期待)を生産者さんと共有し、一緒に「どうする?」を考えること。

社員ブログ