2021.4.19

留学生と日本人学生が日常的に交流できる混在型学寮「大阪大学グローバルビレッジ箕面船場」が竣工しました

大阪府箕面市に大阪大学グローバルビレッジ箕面船場が竣工しました。

大阪大学箕面新キャンパス移転にともない、新キャンパス内に「外国人日本人学生混在型の学寮」「物販店舗」からなるグローバルビレッジをPFI事業により整備しました。北大阪急行線の延伸を契機とし、大阪大学箕面キャンパス移転のほか、文化ホール・生涯学習センター・図書館が同時に整備され、新たなまちづくり事業の一環として取り組んでいます。

「住むことと学ぶことが一体の場」をコンセプトとして、親元を離れ自立成長し、コミュニケーション力向上、共住による一体感と充足感を感じ総体的な人間力の獲得できる場となるよう交流を促進させる計画としました。

エントランスに配置した交流ラウンジは、広場に面した建具を開放できる設えとし、校舎と学寮、広場一体利用ができる計画とするほか、日常的な研究内容・成果の共有は発信ができるギャラリーとしても使えるようにしています。各フロアには、入居者同士が交流できる畳コーナーのある共用リビングのほか、EVホールに隣接してスタディルームを設け、グループでの学習・研究に取り組みやすい環境をつくりました。

【施設概要】
(1)施設名 :大阪大学グローバルビレッジ箕面船場
(2)所在地 :大阪府箕面市
(3)構造  :RC造 地上12階
(4)建築面積:1,035㎡
(5)開設日 :2021年4月
 

【施設の様子】

(1)1階交流ラウンジ
隣接する大阪大学と共有する中庭に面する。
イベント時は、イースターカーテンを全開にすることで開放的な空間となる地域共生空間内観

 

(2)スタディルーム
各階に設けたスタディルームでは
個人からグループまで様々な学習スタイルが可能。
診察待合室内観

 

(3)3階寮室C322号室
寮室はワンルームタイプ。
スタッフステーション

 

(4)12階ミニ交流スペース
各階に設けたミニ交流スペースでは、
畳コーナーで寛ぎながら交流できる。
診察待合室内観

 
弊社設計に関心のある方は、お問い合わせページよりご連絡ください。

関連記事

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ