2021.6.18

「月刊建築技術」に中央区立阪本小学校・阪本こども園の膜屋根構造に関する技術が掲載されました

「月刊建築技術」(2021年7月号)に弊社が設計した、阪本小学校が掲載されました。
中央区兜町という都心ならではの狭隘な敷地環境の中、地上に校庭を確保できないということが、大きな与条件となっていました。
そこで、“いかに児童が活力いっぱいに動き回れる、開放的な屋上校庭を設けることができるか”。これが阪本小学校における校庭設計の目標、志となりました。それを実現させる軽やかな膜屋根構造に関する内容が掲載されています。

以下、掲載文章を一部抜粋
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
敷地周辺は超高層建物が多く、南側も高層建物に囲われているため、日照が期待しにくい環境。そんな都心にある狭小敷地であっても、可能な限り開放的な校庭を確保するため、最上階に屋上校庭を設け、思い切り身体を動かせる環境を整備した。
屋上校庭は全天候型とする必要から、鉄骨アーチの屋根を架け,最高高さ11mを超える空間を確保。鉄骨の各部材は極力小さくし寸法を統一、均整の取れたシンプルな屋根形状を実現。そして中央部の可動屋根が開けば、青空と一体になれる屋外空間となる。
屋根材は高耐久の膜を採用。猛暑の日射や雨を防ぎつつ天空光を採り入れることが可能となり、屋根を閉じても屋外にいるような開放感を確保し、授業だけでなく地域の運動施設としても1年を通じて多様に活用できる空間を実現することができた。(以下省略)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

  • 地域とふれあい、仕事を学ぶ_「わかさ長期合宿」を開催します2017.6.20 地域とふれあい、仕事を学ぶ_「わかさ長期合宿」を開催します 地域とふれあい、仕事を学ぶ「わかさ長期合宿」を今年も実施します。 (6月19日より募集を開始し、即日定員に達したため締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。) 合宿では、数人の班に分かれて農村漁村に宿泊。 豊かな自然に囲まれた福井県若狭町に暮らす方々と […]
  • 明治国際医療大2号館竣工!_新学科開設に向けリニューアルを行いました2017.6.14 明治国際医療大2号館竣工!_新学科開設に向けリニューアルを行いました 弊社が設計監理をいたしました「明治国際医療大学2号館」の改修工事が完了しました。 東洋医学の高等教育機関における先駆であり最先端でもある同校とは、2000年に竣工した「8号館」以来、さまざまなプロジェクトで協働しています。今回は、相次ぐ自然災害により救急出動の需要と期待が高ま […]
  • 週刊事実報道の記事が注目されています2020.4.16 週刊事実報道の記事が注目されています 終息の見えない新型コロナ騒動。そして、日々移り変わる世界の状況と大量の情報。 世界中がコロナ危機に直面している中、週刊事実報道の新型コロナウイルス関連の記事に注目が集まっています。 目先の生活も気になるところですが、今、私たちが本当に見据えるべきことは何かを模索している方が […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ