2022.4.1

中部卒業設計展(NAGOYA Archi Fes)に審査員として参加しました

3/15-16に開催された、中部卒業設計展( NAGOYA Archi Fes)に、弊社大阪設計室ディレクターの小林有吾が審査員(企業審査枠)として参加しました。

中部圏~関東~北陸まで、様々な大学から作品が出展され、いずれも良く追求された素晴らしい作品ばかりでした。
類設計室は、審査員の中でも唯一の組織設計事務所として、「作品の課題意識~コンセプト~建築提案までの一貫性はどうか?」という視点で審査をしました。
数ある作品の中で最も上述した視点が優れていると感じた、名古屋工業大学生の作品に審査員賞(小林有吾賞)を贈呈しました。
小林有吾賞はじめ、受賞者のみなさま、おめでとうございます!

設計作品のテーマとしては、共同体の再生や、つながりづくり、人の身体性、といった視点が多く見られ、
我々の建築設計の追求視点とも重なる部分があり、嬉しく感じました。

これからも、建築設計を志す学生のみなさまの力になっていければと思います。

中部卒業設計展の運営者・出展者・審査員のみなさま、ありがとうございました。

関連記事

  • 生産者の皆さまと懇親会を開催しました2019.4.22 生産者の皆さまと懇親会を開催しました 先日、類農園奈良農場において、直売所に出荷してくださっている生産者の皆さまの「農業に取り組む仲間と繋がりたい」そんな想いに応えたいと、懇親会「お花見BBQ」を開催しました。 参加者は類農園スタッフ含め、総勢66名。歓談の中で、地域や農業の真剣なお話がいたるところで聞かれ、 […]
  • 【類塾】日本経済新聞(5/27号朝刊)「大阪教育行政改革10年(下)」に掲載2022.5.27 【類塾】日本経済新聞(5/27号朝刊)「大阪教育行政改革10年(下)」に掲載   日本経済新聞(5/27号朝刊)「大阪教育行政改革10年(下)」に教育事業部「類塾」の天王寺駅前教室が大阪の塾代表として取材を受け、掲載されました。 >>記事の全文はこちら […]
  • 類設計室の季刊誌『本源追求』第3刊を発刊~未来の担い手となる“ひとづくり”~2021.8.10 類設計室の季刊誌『本源追求』第3刊を発刊~未来の担い手となる“ひとづくり”~ 類設計室は、自社出版にて季刊誌『本源追求』を8月6日(金)に発刊しました。 時代は大きな転換期にあり、社会はどう変わるのか、私たちはどう生きていくのか、物事の本源に目を向けることが求められています。 私たちは創立以来、半世紀にわたり「学びとは何か」「働くためには何が […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    〒532-0011
    大阪市淀川区西中島4-3-2 類ビル2F受付
    TEL:06-6305-2222(代表)