同志社大「尋真館」リニューアル
~キャンパスの顔を一新させました

 

弊社が設計監理をしました「同志社大学新町キャンパス」の正門前中庭外構整備、「尋真館」改修工事が完了しました。

築50年を超える尋真館では、老朽化に伴う耐震補強や設備の更新、内外装のリニューアルを実施。外観は、深緑だった外装タイルに、温かみのあるレンガタイル調の特殊塗装と丹精な絵付けを施し、既存施設と一体化する「同志社らしい」風合いを再現しています。2005年に竣工した弊社設設計監理の「臨光館」と向かい合い、呼応する景観は、学生たちにも誇りに思える「キャンパスの新たな顔」となりました。

また、両棟の間にあった築山を撤去してテーブルやベンチを配置し、学生たちが自由に集う開放的な中庭を整備しました。生まれ変わった尋真館と中庭、臨光館が、学生たちの自主的な活動を誘発する協奏空間として活力を引き出すことを意図しています。

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bd%bb%ef%bd%b2%ef%bd%bd%ef%be%9e%e8%aa%bf%e6%95%b4%e6%b8%88%e3%81%bf

これからも、お施主様の大切な資産である建物の維持管理や有効活用提案など、「生涯コンサルタント」の提案に注力してまいります。

(設計広報担当 共同保育室 中川翔子

* * * * * *

弊社の改修・「生涯コンサルタント」事業に関心のある方は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  • 「同志社らしい」外構デザインが評価_〜新町キャンパスがメーカー賞を受賞2017年10月26日 「同志社らしい」外構デザインが評価_〜新町キャンパスがメーカー賞を受賞 弊社が「同志社大学新町キャンパス」の外構整備でデザインした「インターロッキングブロック舗装」がメーカー・ユニソンの社内コンテストでシルバー賞を受賞しました。 同キャンパスでは、臨光館(2005年竣工)と尋真館(2017年改修)、正門から両棟の間を抜ける中庭外構を整備。 […]
  • 鋼構造ジャーナルに寄稿しました2018年3月9日 鋼構造ジャーナルに寄稿しました 鋼構造業界唯一の専門情報紙「鋼構造ジャーナル」(鋼構造出版)に、弊社東京事務所の構造設計キャップ・黒川慧が寄稿しました。 「設計事務所-ゼネコン-ファブの連携を通じて業界全体を高度化させていきたい」と、昨年4月から弊社を中心に定期的に開催している意見交換会「かぜのかい」の […]
  • 江戸川区第三松江小 完成_~建設経済新聞に掲載2017年4月30日 江戸川区第三松江小 完成_~建設経済新聞に掲載 建設経済新聞(4月26日号)に、弊社設計監理の「江戸川区立第三松江小学校 […]

2017.07.13

ニュース

活動報告