2018.3.9

鋼構造ジャーナルに寄稿しました

鋼構造業界唯一の専門情報紙「鋼構造ジャーナル」(鋼構造出版)に、弊社東京事務所の構造設計キャップ・黒川慧が寄稿しました。

「設計事務所-ゼネコン-ファブの連携を通じて業界全体を高度化させていきたい」と、昨年4月から弊社を中心に定期的に開催している意見交換会「かぜのかい」の活動を通じて依頼があったもの。同社からは「かぜのかい」の取り組みに毎回取材を受け、鋼構造ジャーナルに掲載されています。

寄稿文は1月22日号、2月26日号、3月26日号の3回にわたり、コラム「談流暖流」コーナーに掲載され、第1回は「かぜの会」の趣旨や活動内容、第2回は「働き方改革」をそれぞれテーマとしました。

第3回は、第2回の「働き方改革」の内容を受け、弊社での「働き方」について紹介する予定です。興味のある方はぜひご覧ください。

 

1月22日号

2月26日号

関連記事

  • 類設計室の季刊誌『本源追求』を10月19日(月)発刊~物事の本源を問い直し、これからの時代を考える~2020.10.19 類設計室の季刊誌『本源追求』を10月19日(月)発刊~物事の本源を問い直し、これからの時代を考える~ 類設計室は、自社出版にて季刊誌『本源追求』を10月19日に発刊いたします。 時代は大きな転換期にあり、社会はどう変わるのか、私たちはどう生きていくのか、物事の本源に目を向けることが求められています。 私たちは創立以来、半世紀にわたり「学びとは何か」「働くためには何が […]
  • イノベーションの協働拠点となる「東京大学 産学官民連携施設」が竣工2019.12.25 イノベーションの協働拠点となる「東京大学 産学官民連携施設」が竣工 千葉県柏市にある東京大学柏Ⅱキャンパスに産学官民連携施設が竣工しました。 東京大学は、柏Ⅰ、柏Ⅱ、駅前のサテライトキャンパスを含む柏キャンパス全体を、激変する社会状況に対応するための“学融合と社会連携の実験場であり、未知の分野へと分け入る知的冒険の場である”と位置づけ […]
  • 類学舎が開学しました2019.8.17 類学舎が開学しました 8月1日より、学校に代わる半業半学の新しい学び場「全日制の類学舎」が開学しました。 入学オリエンテーションで「類学舎は学校(→勉強)というよりも、仕事(→はたを楽にする)がメイン。自分たちの行動が、直接お客様や仲間に影響を与えていきます。共に働く仲間として一緒に頑張ってい […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ