東香里病院(設計:類設計室)

「建築ジャーナル 9月号」に「東香里病院」が掲載されました

建築ジャーナル2018年9月号に、弊社が設計した「東香里病院」が掲載されました。

東香里病院は「地域に根ざす総合病院」として東香里の医療を支えてきた病院です。
2011年の東日本大震災を契機に病棟の再整備に取り組み、「地域の人々が気軽に集える病院」を整備しました。
類設計室は施設再編段階から参画し、50年先を見据えたマスタープランの策定など、事業の構想段階から支援を行っています。

高齢者をはじめとした地域の人々のために、「なんでも相談できるよろず病院」として、安心感が伝わるシンメトリーの外観デザインや、四季を彩る植栽を配したアプローチ空間など地域や患者の皆さまを優しく迎え入れる計画としています。

エントランスに併設して、柔らかい光が溢れるイートインスペースを設け、人々が訪れやすい空間を実現しています。

東香里病院(設計:類設計室)

これからも、関わる人々の活力を引き出す建築づくり、プロジェクトの革新に尽力してまいります。
掲載誌もぜひご覧ください。

また、弊社設計に関心のある方は、お問い合わせページよりご連絡ください。

関連記事

2018.09.10

ニュース

活動報告