2019.3.29

秦野斎場が竣工しました

本計画は、秦野・伊勢原の二市が運用・利用する昭和51年(1976年)に竣工した斎場の建替えです。
雄大な自然に包まれ、組内(くみうち)という地域共同体によって40年に渡り執り行われてきた葬送の記憶。そんな情景を次代に引き継ぎ、昇華させることを目標としました。

寄棟の大屋根が特徴的な外観デザインは、秦野の民家をモチーフとしており、配置・平面・断面計画上の工夫と相俟って、あたかも昔から其処にあったかのような佇まいとなっています。

大都市を中心とした消費経済は終焉に向かい、人々の意識は地域の可能性に回帰しつつあります。本施設が、故人への感謝を通じて共同体を再生、地域力向上に寄与することを願ってやみません。

関連記事

  • 2020年入社の内定式を行いました2019.10.21 2020年入社の内定式を行いました 10月19日に類グループ大阪本社にて、2020年入社の内定式を行いました。 内定者自身が考案したお互いを知るための企画で親睦を深めたり、類グループの社員になる準備として、「人々の期待に応えるとはどういうことなのか?」を、社長メッセージと、社内ネットから抜粋した生々しい具体 […]
  • 日経アーキテクチュア設計事務所ランキング「教育施設・研究施設部門」2位2019.9.18 日経アーキテクチュア設計事務所ランキング「教育施設・研究施設部門」2位 日経アーキテクチュア(2019年9月12日号)、2018年度の設計事務所ランキング用途別トップ10において、「教育施設・研究施設部門」で、前年に引き続き2位となりました。 類設計室は、3部門でランクインしています。 教育施設・研究施設 2位 文化施設 8位 生産施設 […]
  • 作品集ページに新規プロジェクトを追加しました2019.8.28 作品集ページに新規プロジェクトを追加しました 建築プロジェクトを通じて、活力ある未来を描くことが私たちの志です。 その実現体として竣工を迎えた6プロジェクトを作品集ページに追加しました。 ◇教育施設 教育施設においては、教育事業(類塾)の知見を活かし、追求心を喚起する最先端の学びの空間づくりを実現しました […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ