2019.12.9

類設計室が参画する「離島振興地方創生協会」の旗揚げをめざす千野和利氏のインタビュー記事掲載

日本食糧新聞(2019年12月9日12面)に、類設計室が参画する「離島振興地方創生協会(以下離創協)」の開設に向け尽力する千野和利氏(阪急オアシス前代表取締役会長兼社長)のインタビュー記事が掲載されました。

* * * * * *

千野氏とは阪急オアシスの設計を通じ15年来のおつきあいで、店舗網の拡大戦略を共に推進した方です。その千野氏が阪急オアシス時代から親交のあった長崎県知事からの依頼をきっかけに、離島の産業と日本の食を再生する壮大なプロジェクトを立ち上げました。その構想は、離島と都市との間に製造・配送・販売のバリューチェーンを構築し、食産業の担い手も育成。そこから日本再生のモデルを描きます。類設計室もその志に共感し、協働者として参画。千野氏が発起人となり来年4月に設立する「離島振興地方創生協会」では理事として、日本を「豊かな食の列島」として再興する活動を推進していきます。類設計室はこの取組みを基盤に、「食」を通じて日本を元気にする事業領域を拡大していきます。

関連記事

  • 『オンライン実現塾』始動2020.12.1 『オンライン実現塾』始動 自宅から「オンライン実現塾」への参加が可能になりました。 実現塾は、小学生から大人までが一堂に会し、世界中の誰も答えを出せない問題を本格追求する場として、 大変ご好評をいただいております。 しかし、距離などの問題から“なかなか実現塾に参加できない”という声を多数い […]
  • JPIセミナーで講演しました_~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~2017.8.26 JPIセミナーで講演しました_~次代に向けた活力イノベーションの実践事例~ 日本計画研究所(JPI)主催のセミナーで7月25日、弊社東京設計室長・岩井裕介が「次代に向けた活力イノベーションの実践事例」と題して講演を行いました。 「活力イノベーション」は、建築設計を通じて社会の活力再生を目指す弊社独自の取り組みで、時代潮流分析に基づき、事業計画から […]
  • AGC旭硝子 新研究棟の鍬入式が行われました2018.4.20 AGC旭硝子 新研究棟の鍬入式が行われました 弊社が基本設計・工事監理を手がける「AGC旭硝子 新研究棟(横浜市鶴見区)」の鍬入式が4月18日に行われました。(画像:建設工業新聞4月19日号) <本文より抜粋> 新研究棟の建設地は京浜工場内(鶴見区末広町1の1、敷地面積約18万6000平方メートル)。規模は研究棟がS造 […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ