2021.3.12

堀場テクノサービスの基幹拠点となる新本社ビルが竣工しました

新本社ビルは、堀場製作所のグループ会社でありHORIBAグループの製品メンテナンスや受託試験などのサービス事業を担う堀場テクノサービスの基幹拠点となります。この拠点では、アプリケーション提案やコンサルティングによる「コト売りビジネス」を強化することで、国内外におけるサービス事業の強化と拡大を目的としています。

HORIBAグループの製品ショールームを兼ねた分析ラボの「Analytical Solution Plaza」では、環境、エネルギー、先端材料、ライフサイエンスなどの市場別にラボエリアを設け、国内外にある17の分析ラボをつなぎ、分析・計測メーカーならではの高い技術力と培ってきたノウハウで、お客様のニーズに応じたアプリケーションの提案や受託分析、共同開発を推進します。

6層からなるフロアを、吹抜けのある階段でつなげ、基本的に上下移動は階段を利用する運営方針により、部門間のコミュニケーションが自然発生する空間としました。これは、HORIBAグループの施設設計の基本方針でもあり、人と人の出会いが新たな創造を生む、という哲学から生まれています。

【施設概要】
(1)施設名 : 堀場テクノサービス本社ビル
(2)所在地 :京都府京都市南区
(3)構造  :S造
(4)建築面積:1,518.92㎡
(5)開設日 :2020年12月

 

【施設の様子】

(1) Analytical Solution Plaza
ショールーム機能をもつ分析ラボ

 

(2) オフィス
コミュニケーションを促進し多様な働き方に対応した
ハイブリッドオフィス

 

(3)オアシス
リフレッシュ兼ミーティングコーナーを配置し、
上下階のつながりも強化

 

(4) 犬矢来をモチーフにした外構照明
京都発祥で、先端技術を世界へ展開する企業のイメージをデザイン

 

関連記事

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ