2021.3.15

「オアシスタウン キセラ川西」が「第4回 キセラ川西エコまち建築賞」を受賞しました

弊社が設計・監理を担当した「オアシスタウン キセラ川西」が「第4回 キセラ川西エコまち建築賞」を受賞しました。

キセラ川西エコまち建築賞は、キセラ川西地区のルールであるキセラ川西エコまち運用基準に基づく、事前協議の結果を評価するとともに、自主的かつ意欲的に建築物の低炭素化を図り、他のモデルとなり得る取り組みを賞することで、地区の低炭素化と良好な景観形成を発信し、地区のアイデンティティの醸成を図ることを目的としています。
川西市HP

 

「本建物で実現された数々の取り組みにより、地区の低炭素化や核となる景観づくりに大きく寄与した地区のシンボルとなる建築物となり、エコまち建築賞に相応しい物件」として評価していただきました。

〈パッシブエネルギーの積極利用〉
外部から各店舗に直接入ることの出来るアウトモールタイプとすることで、共用部の空調設備を限りなくゼロとします。
特に施設中央の広場は3層吹き抜けの半屋外空間とすることで、光と風が通り抜ける空調レス空間を実現しました。
さらにせせらぎ遊歩道と一体となったオープンテラスと開閉可能な半屋外テラスを設置し、屋外に“たまり空間”を集中させることで空調に頼らない賑わい空間を創出します。また、3階駐車場には自然通風、自然採光が確保できる吹抜けを設ける事で、照明設備を低減します。

〈周辺地域と調和し、賑わいの核となる商業施設〉
3層に押さえた建物計画、中央コアで両サイドを分節するL型配置、屋外デッキと駐車場腰壁による垂直方向の空間分節により圧迫感のない建物としました。また、外壁には環境に馴染むアースカラーを採用することで、周辺地域と調和する建物としました。加えてせせらぎ遊歩道と一体となった賑わい空間を設ける事で、キセラ川西エリア全体の賑わいの核となる空間を目指しました。

【施設概要】
(1)施設名 : オアシスタウン キセラ川西
(2)所在地 :兵庫県川西市火打1-16-6
(3)構造  :S造 地上3階
(4)建築面積:12,017.03㎡
(5)開設日 :2019年8月

【施設の様子】

(1) 積極的に緑化した駐車場
交通渋滞を緩和する環境負荷の小さい駐車場計画
敷地面積に対して12.6%(約2,500㎡)の地上緑地

 

(2)植栽計画
植栽計画については、地被植物~高木まで訪れる方が楽
しめる季節感のある重層的な植栽計画

 

(3) 吹抜けと大庇が柔らかく浮かび上がる照明計画
夜間は地域のシンボルとなるよう、3層吹抜けと大庇の
シルエットが柔らかく浮かび上がる照明計画

 

関連記事

  • 常翔啓光学園中学校「デザイン思考講座」のパンフレット完成2018.12.14 常翔啓光学園中学校「デザイン思考講座」のパンフレット完成 先日、常翔啓光学園中学校の「デザイン思考講座」の授業に、弊社若手社員が「社会人講師」として参加させていただきました。 「デザイン思考講座」とは、常翔啓光学園中学校と大阪工業大学が共同で行うカリキュラムの一つで、弊社の若手社員が社会人講師としてご依頼いただきました。 子供 […]
  • 冬期講習の募集を開始しました2018.11.13 冬期講習の募集を開始しました 冬期講習の募集を開始しました。 類塾の授業では、「高速音読法」「5分間勉強法」「学び合い」の3つの勉強法を柱に、スピード第一の多彩な刺激で、意欲を上げ成績を上げるカリキュラムを実践しています。その勉強法の効果は絶大で、定期テストでも多くの生徒から「類塾の勉強法で成果が出た […]
  • まちと共に歩む復興再建事業と先端研究の空間づくり _「東京大学 国際沿岸海洋研究センター」が再建2018.7.26 まちと共に歩む復興再建事業と先端研究の空間づくり _「東京大学 国際沿岸海洋研究センター」が再建 東京大学施設部及び類設計室が設計した「東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター」が竣工し、7/20に再建を祝う記念式典を迎えました(供用開始は2018年4月)。 岩手県大槌町赤浜地区は、東日本大震災の津波により壊滅的な被害を受けた地域であり、大槌湾沿いに建ってい […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ