2021.3.17

「ガリレイグループ本社ビル」が「令和2年度おおさかストップ温暖化賞特別賞」を受賞しました

弊社が設計・監理を担当した「ガリレイグループ 本社ビル」が「令和2年度おおさかストップ温暖化賞特別賞(愛称:“涼”デザイン建築賞)」を受賞しました。

同賞は、「大阪府温暖化の防止等に関する条例」又は「大阪市建築物の環境配慮に関する条例」に基づき届け出された建築物で、令和元年度の間に工事完了し、かつ、CASBEEの評価項目のうちヒートアイランド現象の緩和対策に関するものの得点が一定以上であるなど要件を満たす応募物件から、選考されました。
大阪府HP

〈設計趣旨〉
特徴的な外部の大型ルーバーは東西面の日射を遮り、南北面の眺望を確保するとともに、現地通年の風配に合わせた向きに配置され、楕円型の形状との相乗効果で自然通風を呼び込む形となっています。自然通風は階段室の重力換気を使ったパッシブ通風となっており、その他さまざまな省エネ技術を採用することで年間の一次エネルギー消費量を50%以上削減し「ZEB Ready」とCASBEE-Sランクを実現しました。

【施設概要】
(1)施設名 :ガリレイグループ本社ビル
(2)所在地 :大阪府大阪市西淀川区竹島2丁目11番12-1、12-2、12-3
(3)構造  :鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階、地下0階
(4)建築面積:2,377.68㎡
(5)開設日 :2019年12月

【施設の様子】

(1)敷地外周の緑化
敷地内に地域に開放された遊歩道を設け、その周囲に植樹帯とインブロ舗装
を設定し、環境供出と地表面気温上昇抑制を図りました

 

(2) 大型ルーバー
空調熱負荷削減のため自然通風取り込みと日射制御を兼ねた外観形状と大型
ルーバーが、卓越風をスムーズに流しました

 

(3) 屋上緑化
低層部屋上を緑化し、オープンイノベーションの場である施設内コラボス
ペースから自由に出入りできる場

 

関連記事

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ