大阪「文理10校」校長が座談会
〜10月28日号リビング新聞

10月28日号のリビング新聞に、大阪文理10校の校長の座談会記事が掲載されています。

大阪府では2011年度、国際社会で活躍する能力を育む「文理学科」を北野・豊中・茨木・大手前・四條畷・高津・天王寺・生野・三国丘・岸和田の10校に導入しました。その後、10校それぞれの取り組みが評価され、2018度からは10校の全てについて、文理学科のみ募集することが決定しています。

同紙では、来年度入試に向け、今後の文理学科の展望について特集。「『なぜ』という疑問を素直に発せられる環境が、子どもたちを伸ばす」(大手前・柴浩司校長)、「点を取るための勉強は役立ちません」(四條畷・千葉一夫校長)など、2020年の大学入試改革に向けた意識・取り組みが一覧になっています。これからの社会、入試で必要とされる能力について「高校教育の現場」がどう考えているのか知りたい方にお勧めです。
リビング新聞バックナンバーは こちら

関連記事

  • リビング読者の親子2組が「天才教室」を体験2018年7月5日 リビング読者の親子2組が「天才教室」を体験 7月7日のリビング新聞に、リビング読者の親子2組が「天才教室」を体験された様子が紹介されます。 今、社会では「主体的に学び、伝える力」が求められています。その流れに先駆けて、類塾では追求心を育む授業「天才教室」を展開。その授業を体験してみたいとリビング読者の方がお申し出くださ […]
  • 雑誌「近代建築」の座談会に参加しました2017年7月24日 雑誌「近代建築」の座談会に参加しました 近代建築2017年7月号「学校建築特集」の巻頭座談会に、弊社東京設計室長・岩井裕介が参加しています。座談会開催にあたって、弊社の教育施設実績や「教育イノベーション・コンサルティング」の取り組みが評価され、招請を受けました。 当日は、長澤悟氏(教育環境研究所理事長、東洋大学 […]
  • 彩都教室で「味噌づくり」_〜地域活動の場を提供2018年3月15日 彩都教室で「味噌づくり」_〜地域活動の場を提供 類塾彩都教室で3月7日、「初めての味噌づくりワークショップ」が開かれました。 同教室は類地所が管理する自社ビルの中にあり、1階は類農園直売所彩都店となっています。2014年の開店以来、地域に定着するにつれ、買い物に訪れる主婦などから「地域活動の場として教室を貸してほしい」 […]

2017.11.01

ニュース

活動報告