事業紹介

常識から脱却すれば、解放される

近代は、豊かさの実現と引き換えに、あらゆるものを犠牲にしてきました。
その結果、私たちは今、生命原理や自然の摂理に反する「職場と家庭の分断」や「お金第一の価値観」や「私欲を正当化する権利概念」などに、苦しめられています。
類グループは、そんな古い常識から脱却して、人類本来の充足や在り様を、現代社会の真っ只中に実現しようとする会社。
どの部門もその理念を軸に事業活動を行っていますが、中でも本社は、その志をぶらさずに、類グループ全体を引き上げてゆく部門です。

道理が通る、真っ直ぐな世の中を作ろう

近代の常識とは対立するので、実現の道程は決して平坦ではありません。でも類グループの志と自信は最近ますます強くなっています。
一つは、古い常識の母胎となってきた貧困の圧力がほぼ消滅したことで、人々の潜在意識はすでに本源収束に向かい、みんなが望んでいることを実現していける基盤が整っているから。
そしてもう一つは、こっちの方が楽しいし、安心するし、元気が出るから。
目指すのは「本源社会の実現」ですが、それをみんなで目指している過程そのものが、実現そのものだと感じます。
明るく大胆に、真っ直ぐな世の中を一緒に作っていきませんか。

社長室・秘書室

何でも楽しめる人、みんなのために怒れる人

本社中枢の社長室は、全部門を貫く戦略を打ち出し、全社を牽引しています。新理論に導かれる確かな時代認識を武器に、全社員の力を引き出すのが仕事です。秘書室は社長に一番近く、社内ネットの投稿から問題や可能性を感じ取り、会議運営のグループ編成を考えたり、社長と社員を繋ぐ大切な役割を担います。社長室も秘書室も、類グループの人材育成の要になっているとも言えます。

本社 秘書室

受付

可愛がられ上手な人、世話好きな人

類グループの顔となる受付は、社内外問わず一番多くの人と接し、いち早く情報や変化をキャッチできる部署です。社員やお客様の表情や会話の内容、雰囲気にアンテナを立て、何か可能性を掴んだら、すぐに行動開始。「明るい笑顔や気持ちのいい心配り」で満たされた空気を生み出しています。「受付さんの顔を見るために来ています!」という社外のファンもたくさんいるほど、類グループ自慢の部署です。

本社 受付

広報室

喜怒哀楽が豊かな人。挑発上手な人

自社の魅力を社会に発信するのが広報の仕事です。社員の感じている可能性や、そこから表現できる類グループの強みを、社内板を羅針盤に掴んでいくことが欠かせません。また、新しい認識を武器に、受け手となる人々の意識を読むことも不可欠です。反応をフィードバックし、発信内容を常に塗り重ねていくことが、広報の醍醐味でもあります。

本社 広報室

募集室

モテる人、志がぶれない人

共同体企業にとって、採用活動は共に生きる仲間を探すこと。そのために、次代に活躍できる人材を惹きつける募集戦略や企画を塗り重ねています。類グループの採用活動は、時間をかけて何度も選考を重ねるため、「自分を本当に知ろうとしてくれた」「自分の可能性に気づけた」と感謝されることもしばしば。そんな反応が、募集室の活力源です。

本社 募集室

システム室

困り事を見過ごせない人。工夫・改良が得意な人

システム室は、経営データだけでなく、「るいネット」や「社内ネット」の開発や改良に取り組んでいます。類グループのシステム課題は全社の経営方針と密接に連関しているため、戦略転換に合わせて素早く新システムを構築。構築後も本社を始め各部門からの指摘や提案を受け常に最適化を追求しています。

本社 システム室

経営統括室

逆境に燃える人。明るく相談に乗れる人

全社員が経営に参加する共同体では、経営情報は最大の統合軸です。経営統括室は、その判断基準となる経営データの作成を担います。何をどのように集計すれば良いかを整理し、順調な部分も厳しい現実も全社に発信。更に、データから読み取れる動きを分析し、改善策を提示していきます。

本社 経営統括室
社員ブログ