10/8、10/15~交信の範囲、見る範囲を広げていかないといけない。固定化されてしまっているのを外し、客観的に見ることで、観念を追求、塗り重ねていける~

同期と一体化と観念」をテーマにした10/8・10/15実現塾の感想を紹介します☆

小・中学生の感想

(交信は)永遠に続くもの。続いてなかったら死の状態。笑顔は目のしたが「くいっ」と上がるから温かくなって幸せになる。そんな私やみんなを見たら他の子も笑顔になれる。

共振、同期、一体化、交信の違いが良く分かった。本質を追求して、また作り変える=また考えるという構造が凄く面白いと思った。

同期は単細胞からあり、真似本能はその後だと分かりました。

交信の範囲、見れる範囲を広げていかないといけないなと思いました。客観的に見ることで、観念を追求する、塗り重ねていけるというのは本当にそうで、固定化されてしまっているのを、一旦 外すというのは、追求する上でも生かしていきたいです。

高校生・大学生・一般の感想

共振=いいことみたいなイメージがあったけど、そうではないと知って驚いた。共振したからと言って、必ず良いこと起きるとは限らないのに、共振することができるところ。その後、いったん冷静になって本質抽出ができるところところがすごいなと思いました。

不全物質を出す生物が人類という追求は、理解に及んでないものの、楽しい議論と感じた。異質なものを取り入れて、進化を遂げたという議論は印象深かった。