料理研究家・高橋さんが手料理を振舞ってくださいました。

2018.8.22

新聞が「活動を進化させる火付け役」に。
フリースペースで「お味噌作り体験教室」を開催

先日、「週刊事実報道」の購読がきっかけで『味噌作りを通じたシニアの役割創出』を志すようになられたという料理研究家の高橋由起さん(写真中央)が、初めて弊社のフリースペースを利用する挨拶にと、社員に手料理を振舞ってくださいました。高橋さん、お料理教室のみなさん、ありがとうございました。(詳細報告は社員ブログへ)

高橋さんは、味噌作り37年の味噌ソムリエ。味噌以外にもさまざまな発酵食品や調味料を中心にレシピを開発されています。そして、来る9月2日(日)に、フリースペース・類にて、手作り味噌のワークショップを開催されます。(→味噌作りワークショップ詳細はこちら)

今回の関わり合いを通じ、事実報道が人々の志生起のきっかけとなり、活動に社会的な意味づけをしながら、一緒に進化させていける可能性を体感、ますます多くの方に週刊事実報道を読んでいただきたいという想いを強くしました。
今後も新聞やフリースペースの場を活かして、読者さまをはじめ、多くの方々とさまざまな活動を展開して参ります。

「週刊事実報道」 定期購読はこちら※お試し購読もできます
「フリースペース・類」のホームページはこちら

関連記事

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ