2018.11.24

週刊事実報道が企業の人材育成に起用されています

大手生命保険会社の人材育成で週刊事実報道が起用されています。

どの業界もネットでの販売が飛躍的に増えてはいますが、販売の最先端では、販売の原点=「対面販売」に立ち戻る流れも強まっています。
そこで決定的に重要なのが「社員の活力」ですが、待遇を改善しても、多くの社員の“元気が出てこない”“覇気がない”ことに、会社として大きな危機感を抱いていました。

そこで、人材部門の責任者の方に事実報道を読んでいただいたところ、「人間力」についての記事に大きな関心を寄せてくださり、「成績がすべてか?」「学歴はいい生活につながるのか?」という記事に共感。
そして、事実報道をテキストにして、“何のために、誰のために仕事をするのか”を追求する「人間力探求講座」を毎週開催されることになりました。
この講座は社内テレビで全国の社員に紹介され、また、類塾の教育革命の取り組みも放送されました。
ある週の講座では、医療系の記事を扱い、がん保険のあり方や販売方法について議論。不安を助長させる営業ではなく、免疫力を高めながら、がんにならない健康法を提示し、お客さま一人ひとりに寄り添う営業に大きく転換したそうです。

今やどんな企業でも、どれだけ広く深く社会の構造を掴み、事実を追求していけるかが勝負。
その追求の支えとなれる記事作りに、今後も邁進してまいります。

関連記事

  • 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる2018.1.26 日経アーキに「追手門中・高」が掲載_~希望ある未来社会をつくる 日経アーキテクチュア(2018年1月25日号)「全国の注目プロジェクト」に、弊社が設計・監理を行っている「追手門学院中学校・高等学校」が掲載されました。 追手門学院創立130周年記念事業の一環として大学を一部移転、中学校・高等学校を全面移転し整備する一大プロジェクト。設計 […]
  • 実社会と学校をつなぐ場を実現!_~京都工学院高校で座談会を行いました~2017.3.1 実社会と学校をつなぐ場を実現!_~京都工学院高校で座談会を行いました~ 弊社が設計監理を行った京都市立京都工学院高等学校より講演依頼をいただき、日本の古都京都の地で「本物のものづくり」を志し、学んでいる「プロジェクト工学科建築デザイン領域」の1年生31名、同校・砂田浩彰校長、下原拓也先生らと、弊社設計監理・仙元清嗣が車座になってざっくばらんに議論し […]
  • 「おは朝」に類農園彩都店_〜類農園直売所彩都店が紹介されました2018.1.17 「おは朝」に類農園彩都店_〜類農園直売所彩都店が紹介されました 類農園直売所彩都店に、関西の朝を代表する情報番組「おはよう朝日です」から取材がありました。 野菜ソムリエによる「冬野菜を使い切る」という特集で、1月15日に放映。野菜の価格高騰を受け、当店で販売している大根や白菜を使って、野菜の選び方やうまく使い切るレシピなどが紹介されま […]

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ