2020.5.22

入社予定の内定者たちの社内見学ツアーより
~1年生講師が語る「社会人と学生の違い」~

先日、2021年度入社予定の内定者むけに社内見学ツアーを開催。そこで偶然、研修で集まっていた講師配属の1年生が、類グループで1ヶ月半働いて感じた「学生と社会人の違い」を語る場面がありました。

1年生講師たちは「学校にいたときは与えられることがほとんどだったけど、仕事は自分から掴みにいかないと何もないというのが学生のころとの大きな違い。」「類グループは塾だけじゃなくて、設計や農園もある。何百人と社員がいて、自分は今塾にいるけど、それは類グループとして実現していく中での役割分担でしかない。学校にもたくさんの人がいるけど、こんな風にみんなが同じ方向を向いて何かをするというのは全くなかった!それが違うところ!」など、働いてみての気づきや想いを話し、内定者らは社会で働くことへの期待感に胸を膨らませていました。

その他の声など詳細は社員ブログで紹介しています。→ 1年生講師が語る「社会人と学生の違い」

意欲あふれる新人らの働きぶりに類グループ全体の活力も上がっています。今後のますますの成長を期待しています。

関連記事

前後の記事

ニュース

活動報告

    社員ブログ