社員紹介

社員一覧へ

未知なる課題、
仲間の存在が大きな強み

所属:類農園直売所西中島店店長 野上 恵里 Eri Nogami

卒業学部:農学部  入社年度:2011年年度

shade

image1

Q1 経歴

2011年:入社、秘書室に配属
2014年:農園部門 類農園直売所西中島店店長

 

Q2 仕事のやりがい、気付きや転機

私の一番の転機は、入社4年目の夏に本社1階にある「類農園直売所」の店長になったことです。農家の力になるため、また、本当の安心安全をたくさんの方に届ける直売所の店長をやらせてもらえることになったときは、嬉しさ半分、本当に店舗の経営ができるのか不安もありました。

image2

農学部卒でもともと農園志望だったこともあり、秘書室でも農園に関わる仕事をさせてもらっていましたが、周りには常に先輩がいる環境。一方で、店長になったら社員は私一人です。人の上に立つ立場になることも初めてだった上、立ち上げたばかりの直売所はまだまだ軌道に乗らず赤字状態で、小売業を全く知らない私が店舗の建て直しをしていけるのか、本当に未知すぎる世界でした。
でも、自分にできる・できない、合っている・合っていない、やりたい・やりたくないではなく、店舗を、スタッフを、期待してくれているお客様を、一緒に店舗の立て直しに動いてくれている仲間を裏切ることだけはしたくない。その一心で課題に取り組みました。

アンケートを実施し、お客様の声を受け止める。 スタッフが感じ取っているお店の改善点などを一つ一つ吸い上げ、より良い方向をみんなで考えていく。一目で見て分かりやすいPOPを作成する。 スピードを意識しながらお客様の期待に応える接客をする。みんなが楽しめるイベント企画、売れ筋を中心とした商品構成を考える。などなど、いろんな視点から改善していきました。

その甲斐あって売り上げは半年で1.6倍以上になり、その後も順調に伸びています。スタッフにも「自分たちでお店を作っていく」という意識が芽生え、全員が「何が一番、お客様にも生産者にも喜んでもらえるか」という視点でお店に立っています。同時に「ここの野菜は本当に美味しい!」や「ここでお買い物をするのが楽しい!」と言ってくださるお客様も増えてきました。

今後も、さらに生産者の声をお客様に届け、地域全体を巻き込むことで農業の再生につなげていきたいと考えています。 作るだけでなく、売るだけでなく、「繋ぐ店」になっていきたい‼︎ そして、一人ではなく仲間がいることが大きな強み。一丸となって実現します。