「かみなか農楽舍」タグアーカイブ

類塾の夏の恒例行事「わかさ長期合宿」で縁のある福井県若狭町が2月4日、立命館大学大阪いばらきキャンパスで出張保育園「わかさいきいき保育園」を行いました。

福井県は「2016年度版の47都道府県幸福度ランキング総合1位」「教育1位」となっており、若狭町は子育て環境に関心が高い都会の若い世帯を対象に移住セミナーなどを積極展開しています。

「わかさいきいき保育園」は自然豊かな若狭町で行われている「里っ子保育」を体験できるイベントで、参加した15組の親子はさまざまな形に切られた大量のヒノキの板や粘土、絵の具などを自由に使い、思い思いに楽しんでいました。

若狭町は、類設計室では設計に携わった「かみなか農楽舎」を拠点に、類農園と連携しながら地域活性や就農定住促進の政策をサポートしており、類塾はかみなか農楽舎を利用した自然体験・職業体験合宿「わかさ長期合宿」を運営。また、本社事業として、学生を対象に「地域活性化インターンシップ」なども開催しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

地域とふれあい、仕事を学ぶ「わかさ長期合宿」を今年も実施します。
(6月19日より募集を開始し、即日定員に達したため締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。)

合宿では、数人の班に分かれて農村漁村に宿泊。
豊かな自然に囲まれた福井県若狭町に暮らす方々とふれあい、自然や地域社会を学びます。

1日目 : 縄文博物館で縄文体験。地元の盆踊り・灯篭流しに参加  (宿泊:かみなか農楽舎)
2日目 : 班に分かれて、地域の農山魚村で仕事体験  (宿泊:農村民宿、漁村民宿)
3日目 : 班に分かれて、地域の農山魚村で仕事体験  (宿泊:農村民宿、漁村民宿)
4日目 : みんなで集合し、若狭町のアピールポイントを出し合う

< 要項 >
・対象:小5~中2
・場所:福井県三方上中郡若狭町
・日程:8/16〜8/19(3泊4日)
・定員:42名
・参加費:50,000円(税込)

昨年の合宿の様子を、ブログに掲載しています。ぜひご覧ください。
→→→ 類塾・類農園 自然体験教室のブログ