「働き方改革」タグアーカイブ

大阪事務所で1月24日、学生を対象に「堀場製作所びわこ工場 HORIBA BIWAKO E-HARBOR」の見学会を開催しました。

2014年に竣工した弊社の代表作品の1つで、利用者と設計者が立場を超え、建築を通じて「活力ある組織づくり」「働き方改革」を実現したものです。 単なる建築設計にとどまらず、企画から設計、建設までのすべての過程で、施設を実際に使う社員とともに「堀場製作所の未来」を徹底追求し、活力あふれる新しい生産の場をつくり上げました。

当日は、7層吹抜けのスカイアトリウムや、普段は入ることのできない最先端の追求の場「HORIBA LAB」を見学。 「決められた作業を黙々を行う」工場のイメージと異なり、生き生きと活動する社員の方々の姿に、参加した学生らは「これから求められる建築や、設計者に必要な力とは何かを実感した」などと感想を話していました。

インターンシップ・選考に興味のある方は、ぜひお問い合わせください。
また、「HORIBA BIWAKO E-HARBOR」については、プロジェクトストーリーをご覧ください。

建設通信新聞(11月15日付)に、弊社が出席した座談会が掲載されました。

国を挙げて「働き方改革」が進められる中、魅力ある業界・職場に向けた「働き方」をテーマに、弊社と建設技術研究所、朝日航洋空間情報事業、高砂熱学工業の4社が、各社の具体的な取り組みや、課題・対策などについて意見を交わしました。

弊社からは、社内で「共同保育」を行なっている東京設計室の久保田彰子が娘の杏莉ちゃんとともに参加。共同保育について「職場と子育ての一体化を目指す」などと趣旨を説明したほか、「共同体企業では全員が経営者。仕事をやらされている意識はない」「定年がなく生涯現役で働ける」など、弊社独自の働き方について話題を提供していました。

また、13面「私の取り組み方!ピカイチ施策ー必読の参考事例紹介」では、同じく共同保育室の沖田栄里が、託児ではなく母親が子供の面倒を見合いながら仕事もする「共同保育室」について紹介しています。
ぜひご覧ください。