教育をどうする?
『自考期待』に応え将来に活きる力を育む

70年の豊かさの実現、さらに’90年のバブル崩壊などを契機に、「勉強する意味」があらためて問い直されると同時に、「学歴信仰」は衰退し続けてきました。さらに’11年の3.11東北大震災・原発災害と、その後の政治家・官僚・学者の無能ぶりと暴走によって、学歴信仰が完全に崩壊すると同時に、今や誰もが「お上に頼らず、自分たちで生み出していくしかない」「自分たちの頭を使って、考えるしかない」と思い始めています。

プロジェクトストーリー PROJECT STORY 類塾公式サイトへ
bg-image